厚木・愛川・清川版 掲載号:2022年7月29日号 エリアトップへ

野球部に手作りリヤカー 地元からの贈り物

教育

掲載号:2022年7月29日号

  • LINE
  • hatena
地域の思いが詰まった1台
地域の思いが詰まった1台

 厚木市立林中学校(広瀬清美校長)の野球部にこのほど、部活動で利用するリヤカーが寄贈された。これは地元住民が所有する古いリヤカーをフルハーフサービス(株)(佐野圭司社長/愛川町)がリニューアルしたもの。7月19日に同中学校で生徒に手渡された。

 ことの発端は 、同校の野球部が使っているリヤカーが古くなって困っているということを地域住民が耳にしたことに始まる。そこから地元で農業を営む小川修さんが使っていないリヤカーを提供し、更に知人を通じて話を聞いた、フルハーフサービス(株)が社会貢献活動の一環としてリニューアルを申し出たという。

 同社はトラックのボデーやコンテナなどの修理・メンテナンスを行う企業。リヤカーは小川さんの父が昭和20年頃に購入したものだといい、木製の荷台部分を修理の過程で出た端材を利用してリニューアル。アルミ製の世界で1台のリヤカーに仕上げた。「この度は縁あってリヤカーを子どもたちに届けることができ嬉しい」と小川さん。佐野社長は「どうすれば使いやすいかを考え、発想しました。野球も勉強も発想が大事。ぜひ使ってください」と話した。

 リヤカーは部活動の荷物運びで主に利用されるといい、部長の山崎耕太郎さん(2年)は「林中の為に、手間をかけてリヤカーを作ってもらいありがとうございます。もしもの災害時にも使えるようにしていきたい」と笑顔で話した。

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

厚木管内は搬送倍増

熱中症

厚木管内は搬送倍増 社会

エアコンなど対策を

8月12日号

SDGsパートナー設立

厚木市

SDGsパートナー設立 社会

第1期を募集開始

8月12日号

コロナ専用病床を拡大

厚木市立病院

コロナ専用病床を拡大 社会

感染者増加に対応

8月5日号

謎の土器主役に特別展

謎の土器主役に特別展 文化

あつぎ郷土博物館

8月5日号

全国大会出場へ

厚木清南高校定時制

全国大会出場へ スポーツ

サッカー・バドミントン部

7月29日号

地元からの贈り物

野球部に手作りリヤカー

地元からの贈り物 教育

7月29日号

あっとほーむデスク

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook