神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

厚木座間綾瀬の4社 特区でロボット開発 実用化へ県も支援

経済

公開:2024年6月30日

  • X
  • LINE
  • hatena
リハビリに使うパワーアシストハンドを装着したエルエーピーの北村正敏社長
リハビリに使うパワーアシストハンドを装着したエルエーピーの北村正敏社長

 厚木市・座間市・綾瀬市の4社の取り組みが2013年から続く「さがみロボット産業特区」の重点プロジェクトに選ばれ、生活支援につながるロボットの開発を進めている。

「人体のすごさ改めて実感」

 厚木・大和・海老名・座間・綾瀬・愛川を含む12自治体は国から特区に指定されており、県は実証実験や実用化、ロボット関連企業の立地を支援している。その中の「重点プロジェクト」ではこれまでに25件の商品化が実現した。

 その第1号が、(株)エルエーピー(厚木市)の「パワーアシストハンド」だ。脳梗塞などで拘縮した手に装着し、空気圧で動く仕組みで、自宅で繰り返しリハビリできる。神奈川工科大(厚木市)の故・山本圭次郎博士の特許技術から開発され、市内の病院で使ってもらい、現場の声を活かした。商品化後もユーザーからは「新聞がめくれるようになった」「箸が持てる」という声が寄せられている。現在はより安価で着けやすい品へと改良が続いている。

 座間市のダブル技研(株)は人の手のように動くロボットハンドを開発した。2年ほど前に他の研究機関の人型ロボットに接続し、国際的なコンテストに出場、決勝に進んで注目を集めた。握手した感覚は人間の手にそっくりだ。5本指が個別に動くタイプもあり、工場などで人が使う工具をそのまま扱える。「人体に近づく開発なだけに、そのすごさに驚きます」と和田始竜専務は話す。

 綾瀬市のハンドトラスト(株)とワークス技研(株)は、形状記憶型多軸マジックハンドによる「搬送用掌ロボット」を開発。硬さや形状を問わず、重いものを包み込んだり、支えることで運べるという。詳細は今後明らかになる予定で「製造業、農・水産業など業種を問わず物の移動をアシストする」としている。

5本指が動くロボットハンドを持つダブル技研の和田専務
5本指が動くロボットハンドを持つダブル技研の和田専務

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

「希望の世界」描く

戸室在住島村進さん

「希望の世界」描く

認知症抱え初の絵画展

7月19日

ソフトテニスで全国5位

厚木北高平川さん

ソフトテニスで全国5位

プレー通用「証明できた」

7月19日

上半期5800万円の被害

厚木署管内特殊詐欺

上半期5800万円の被害

SNS型・ロマンスも増加

7月12日

日本代表で国際大会へ

相川中の細野さん

日本代表で国際大会へ

走攻守の三拍子武器に

7月12日

特別警戒に指針

厚木市熱中症対策

特別警戒に指針

愛川町も暑熱シェルター

7月5日

救助技術大会で全国へ

厚木市消防本部

救助技術大会で全国へ

ほふく救出部門、12年ぶり

7月5日

樹木葬と家族葬の「ゆかりえ」

小田急線「愛甲石田駅」徒歩すぐ。友引の日は無料相談会開催中。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook