伊勢原版 掲載号:2017年8月25日号 エリアトップへ

今後も伝統守り続ける 大山灯籠行事に認定書

文化

掲載号:2017年8月25日号

  • LINE
  • hatena
認定式の様子
認定式の様子

 大山灯籠行事が市登録無形民俗文化財に認定されたことを受け、市内小稲葉の下小稲葉児童館で8月9日、認定式が行われた。

 大山灯籠は、夏山の期間に大山詣りに訪れる参拝者の夜旅の安全のため、江戸時代中頃に立てられたとされている。

 現在市内には、小稲葉地区に下之町、仲西、八坂前、大田の4カ所、高森、東大竹に1カ所ずつの計6カ所に残っており、それぞれ地域の保存会や個人で設置から灯明の管理、保管を行っている。今も受け継がれる伝統として、大山灯籠を保持する6団体が、今年3月に市登録無形民俗文化財第1号として認定された。

 当日は、小稲葉地区4基の灯籠の保存会代表に認定書が授与されたほか、式の後半には灯籠の設置風景や協力者の写真などが収められたDVDを上映。会場には義家弘介衆議院議員や渡辺紀之県会議員ら多くの来賓も駆けつけた。

 認定書を受け取った保存会代表は「これからもできる限り、大山灯籠行事を続けていきます」と話した。

下之町の灯籠
下之町の灯籠

伊勢原版のローカルニュース最新6

平均工賃が1年で倍増

CLOSE UP

平均工賃が1年で倍増 社会

就労継続支援B型 地域作業所ドリーム

11月26日号

日本の伝統文化を学ぶ

日本の伝統文化を学ぶ 文化

自修館の生徒が茶道体験

11月26日号

28日に素人落語大会

入場無料

28日に素人落語大会 文化

市民文化会館小ホール

11月26日号

東日本大会で3位

伊勢原クラブ

東日本大会で3位 スポーツ

中学生の選抜チーム

11月26日号

自宅療養者をサポート

秦野伊勢原医師会

自宅療養者をサポート 社会

「神奈川モデル」導入

11月26日号

笑顔溢れた2日間

笑顔溢れた2日間 社会

大句地区で文化祭

11月26日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook