伊勢原版 掲載号:2019年5月17日号 エリアトップへ

第29回日本詩人クラブ新人賞を受賞した 川井 麻希さん 高森在住 39歳

掲載号:2019年5月17日号

  • LINE
  • hatena

残したい思いを詩に

 ○…日本を代表する詩人・西条八十を理事長に、日本の詩人たちが詩や出版の自由の擁護などを目的に1950年に発会した日本詩人クラブ。昨年自費出版した初の詩集『あらゆる日も夜も』が同会会員らから評価され、このほど新人賞を受賞した。「候補の時点で嬉しくて、周りの人に言って回った。期待はしていなかったのでびっくりした」と喜びを話す。

 ○…中学生の頃から手紙を書くのが好き。人生山あり谷あり。思いのたけをブログで発信するうちに「良い詩ですね」と思ってもみなかった評価を受けた。自分の文章が詩なのかを判断してもらおうと25歳の時、詩の専門雑誌に投稿すると見事入選。以来毎月投稿するようになったという。作風は伝えたいというメッセージと、きれいな景色などの瞬間を切り取るのが特徴。「いつか詩集にできればと書きためてきた。言葉について考えるのも好きで、音にもこだわりがある」と微笑む。

 ○…愛媛県生まれ。物語や英語が好きで同志社大学英文学科へ。卒業後塾講師を経て高校の英語教諭に。26歳の時、友人に誘われ横浜へ転居。都内の文藝学校で2年間詩を学んだ後、座間市内の高校で再び教諭の道に。現在は相模原市内で教壇に立つ。「生徒一人ひとりと向き合い、理解するように努めている。英語や日本語にかかわらず、言葉を大事に、正しく伝わる言葉を探すことを教えています」。

 ○…周囲に流されない芯の強さがある。「曲がったことが嫌いで、自分が納得しないと嫌なんです」と笑う。「細く長く、書くことがなくならないような生き方をしていきたい。詩は趣味ではなく、残したいという欲求なんです」と笑顔で話した。8年前に結婚を機に伊勢原へ。現在、夫と小学1年の息子と3人暮らし。

伊勢原版の人物風土記最新6

中台 和子さん

県自立支援功労者表彰を受賞した

中台 和子さん

沼目在住 73歳

10月18日号

小木 淳一 さん

伊勢原市児童発達支援センター「おおきな樹」の施設長を務める

小木 淳一 さん

 43歳

10月11日号

中村 詩菜(しいな)さん

第52回伊勢原観光道灌まつりのポスターをデザインした

中村 詩菜(しいな)さん

東海大学教養学部3年 21歳

10月4日号

神林 馨さん

厚労省から百歳高齢者表彰され、「地域で話題の高齢者」としても紹介された

神林 馨さん

桜台在住 101歳

9月27日号

関野 高弘さん

一般社団法人 秦野伊勢原医師会の会長を務める

関野 高弘さん

秦野市尾尻在住 62歳

9月20日号

中村 正美さん

伊勢原市消防団女性団員部長を務める

中村 正美さん

西富岡在住 60歳

9月13日号

懸田 征也さん

伊勢原ちょい呑みフェスティバル実行委員会の実行委員長を務める

懸田 征也さん 社会

高森在住 21歳

9月6日号

あっとほーむデスク

  • 10月11日0:00更新

  • 8月9日0:00更新

  • 7月26日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

伊勢原版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク