伊勢原版 掲載号:2020年12月25日号 エリアトップへ

大型クレーンが活躍 大山バイパスで架設作業

経済

掲載号:2020年12月25日号

  • LINE
  • hatena
大型クレーンで重さ約50tの橋げたを設置する架設作業=12月7日に写す
大型クレーンで重さ約50tの橋げたを設置する架設作業=12月7日に写す

 市内三ノ宮地区で、現在建設中の県道611号線(大山バイパス)。鈴川に新たにかかる新竹ノ内橋の橋梁工事で、550tクレーンを使った大規模な橋げた架設作業が、12月3日から9日にかけて行われた。

 コンクリート製の橋げたの長さは、1本約24メートル。福島県の工場で造られものを3分割にして伊勢原へ運び、現地で接合した。現場ではPC鋼材と呼ばれる鋼線を橋げたの中に入れて、強度を確保。橋げた1本あたりの重さは約50tで、合計6本の橋げたを大型クレーンで吊って、6日間かけて設置した。

 橋は全幅員12・8メートルで、片側1車線の車道と両側に歩道が整備される予定。現場責任者を務める、昭和コンクリート工業(株)の大西充芳さんは「来年3月の引き渡しに向けて、高品質な状態の橋を造りたい。地域のみなさんに喜ばれ永く愛用される橋になれば」と話した。

 工事発注者の県平塚土木事務所によると、橋は2021年度の大山バイパス全線開通にあわせて、供用開始の予定だという。

橋げたを確認する作業員
橋げたを確認する作業員

伊勢原版のローカルニュース最新6

市民音楽会を配信

市民音楽会を配信 文化

市公式YouTubeで

3月5日号

要請ある限り支援続ける

医療ボランティア

要請ある限り支援続ける 社会

精神科医 小綿一平さん

3月5日号

夏休みに被災地で活動

高校生ボランティア

夏休みに被災地で活動 社会

向上高生が9年間継続

3月5日号

会員寺院を紹介

市仏教会

会員寺院を紹介

新連載スタート

3月5日号

怒りの感情をコントロール

体温検知器を寄贈

平塚法人会青年部会

体温検知器を寄贈 社会

40周年記念し地域貢献で

3月5日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

  • 8月21日0:00更新

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク