横須賀版 掲載号:2016年4月15日号 エリアトップへ

少子化の影響 各スポーツで チームの休部や解散相次ぐ

スポーツ

掲載号:2016年4月15日号

  • LINE
  • hatena

 新学期を迎えたことで、卒業や入学を経て新たな体制を迎える各種の少年スポーツチーム。しかし近年の少子化の影響を受け、チーム数の減少や運営危機に見舞われているところが増加している。特に野球ではチームが休部に追い込まれ、リーグの運営見通しが立たなくなるなど顕著な傾向だ。一方でラグビーなど、競技人口が増加した種目もある。

競技によって明・暗も

 少子高齢化が顕著に進む横須賀市。0〜14歳の年少人口は現在約48000人で、これは10年前と比較すると7000人近く減っている計算になる。この人口減により、各種少年スポーツチームの運営に影響が及んでいる。

 特に野球では顕著な傾向が見られる。硬式のボーイズリーグ小学部で唯一のチーム「横須賀ボーイズ」は5年前には30人近くの部員が集まっていたが、数年前から9人揃わない状況が続いていた。合同チームとして活動してきたが、昨年部員が2人だけとなり、休部に追い込まれる格好となった。同じく硬式のリトルリーグや軟式でも減少傾向が見られる。関係者は「試合経験を積む回数が減り、レベルの向上にも影響が出てくる。また、遠征費など経済的な負担も大きくなり、保護者から敬遠されてしまう」と危機感を募らせる。横須賀市野球連盟の徳光堆史会長は「特に硬式野球に関して、市内に使用可能な場所が少ない」と減少の一因に環境面も挙げる。

 バスケットボールでも、市のミニバス連盟に所属している中に、昨年度限りで解散するチームが出るなど、減少傾向が続いているという。

 一方で横須賀サッカー協会に所属しているジュニア年代のチーム数は10年以上、解散等による減少はないという。「他のスポーツに比べ、怪我のリスクや、用具などが少なく、始めやすいのではないか」と同協会関係者。

 増加の動きが見られるのがラグビー。横須賀ラグビースクールではこれまで約280人在籍していたピーク時の2011年以来、在籍数は毎年10人程度ずつ微減していたが、昨年度はワールドカップの代表活躍効果により、40人近くが入会し、過去最高の数に迫る勢いだという。

横須賀版のトップニュース最新6

車急発進抑制装置に補助

横須賀市

車急発進抑制装置に補助 社会

県内初 11月開始目指す

9月13日号

平和のモニュメント撤去へ

老朽化により建て替え検討 横須賀市中央公園

平和のモニュメント撤去へ 文化

9月13日号

自販機がまちを見守る

自販機がまちを見守る 社会

カメラ搭載 ドブ板通りに設置

9月6日号

庁内食堂「再開いつ」

横須賀市役所

庁内食堂「再開いつ」 社会

今年2月に事業者撤退

9月6日号

「万代会館」市指定文化財に

「万代会館」市指定文化財に 文化

廃止から方針転換

8月30日号

衣笠を音楽溢れるまちに

衣笠を音楽溢れるまちに 文化

ホール開設 無料利用も

8月30日号

終末に寄り添うペット

太田和高齢者施設

終末に寄り添うペット 社会

施設長が感動実話を書籍化

8月23日号

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 9月6日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月13日号

お問い合わせ

外部リンク