横須賀版 掲載号:2016年5月13日号 エリアトップへ

ベイ2軍拠点 追浜地区移転で合意 横須賀市とベイスターズ

スポーツ

掲載号:2016年5月13日号

  • LINE
  • hatena
横須賀スタジアムと一体化した施設イメージ
横須賀スタジアムと一体化した施設イメージ

 横須賀市は先月27日、横浜DeNAベイスターズとファーム施設移転に関する基本協定を締結した。夏島町の追浜公園内に、総合練習場と選手寮を整備する計画。年間30試合程度だった横須賀スタジアムでのホームゲームを、100試合を上限に増やすほか、練習場に関しては、選手が使っていない間、市民が利用できるよう調整していくという。

地域活性化に期待

 現在の総合練習場(長浦町)の老朽化もあり、同社が移転を検討。スタジアムの隣接地に練習設備を整えることは、「ファーム強化、選手育成のうえでも有意義なこと」と同社の池田純社長は話す。新設する練習場は、1軍本拠地である横浜スタジアムのグラウンド規格に近い形を考えており、最新の分析機器なども備えていくという。

 また、同社では「コミュニティボールパーク」化構想を打ち出し、野球をきっかけにしたコミュニケーションの創出に力を入れていることから、池田社長は「(横須賀でも)野球を軸に地域と密着し、スポーツ文化の発展に寄与したい」と話す。吉田雄人市長も「プロチームの存在が身近になることで、子どもたちにも夢や希望を持ってもらえる。スポーツにフレンドリーな都市イメージを創出し、集客・地域経済の活性化にも繋げられれば」と期待を表す。

市民利用に代替施設

 総合練習場に関しては横須賀市が20億円を投じて整備し、DeNA側に貸与。同社が管理し、使用料として年間1億8000万円を20年に渡り市に払う。来年10月に着工し、供用開始は2019年3月を予定している。

 現在の追浜公園第2・第3野球場は廃止となるため、市は佐原地区のリーフスタジアム(サッカー場)隣に硬式野球場を整備する。また、軟式・ソフトボール等に対応できる多目的広場をアイクル(浦郷町)の隣接地に設ける予定で、新たな野球場2施設の土地取得と整備には、計22億かかるという。市では、市議会第2回定例会で補正予算案を提出する方向。

 アイクル横の新施設は18年3月、佐原の野球場は19年3月の供用となるため、現施設が閉鎖してから最長で1年半、使えない時期がある。市では「民間のグラウンドなどを調整して使えるようにしたい」と話している。

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com/

<PR>

横須賀版のローカルニュース最新6

開園16年目で1千万人

ソレイユの丘

開園16年目で1千万人 社会

2月26日号

春への誘い

田浦梅の里

春への誘い 社会

2月26日号

生産性向上の大切さ

生産性向上の大切さ 経済

青年会議所がウェブ講演会

2月26日号

ひな人形と“映え”写真

ひな人形と“映え”写真 文化

観音崎公園に手作りオブジェ

2月26日号

揃いの法被で威勢よく

しらかばこども園

揃いの法被で威勢よく 教育

2月26日号

カレーに「横須賀」たっぷり

カレーに「横須賀」たっぷり 経済

市内事業者がレトルト開発

2月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月26日0:00更新

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク