横須賀版 掲載号:2016年6月24日号 エリアトップへ

横須賀市ふるさと納税 10月からポイント制導入 記念品数増やし制度拡充

経済

掲載号:2016年6月24日号

  • LINE
  • hatena

 横須賀市が「ふるさと納税」の返礼品送付を実施してから1年が経った。納税PRの一環として1万円以上の個人寄附者を対象に、よこすかポートマーケットの地場産物を記念品として発送。昨年6月から今年5月まで1年間の寄附金総額は約3500万円だった。今年度は記念品の種類を増やし、10月には「ポイント制」も導入して制度の充実を図る。

 「ふるさと納税」は出身地やゆかりの町、または応援したい自治体などに寄附する制度。2千円を超える部分については、市民税と所得税が一部控除される。注目されているのは、寄附者に対して贈られる地元特産などの”返礼品”だ。

 横須賀市では、納税推進策として、1万円以上の寄附に対して、よこすかポートマーケットで扱う地場産品(8種類)を記念品として贈る事業を昨年6月から開始。市財政課によると、今年5月末までの1年間で2311件、3449万4500円の寄附があった。記念品送付のなかった前年度(2014年度)は、約143万円(10件)だった。

 市では寄附金の使途指定先に11の基金を設けており、昨年度は「子育て」「福祉」への寄附が多かったという。その内訳は市内在住者が3割、市外からが7割だった。納税時に記念品の送り先を指定することもできるため、市外への贈答としても活用可能だという。

 今年度は5000万円を目標としており、4月からは、横須賀商工会議所と連携して記念品を14種加え、充実を図る。さらに10月からは「ポイント制度」を導入。寄附金額に応じてポイントを付与し、市内特産物を集めたカタログから商品を選ぶ方式を取り入れる。

自治体間競争も過熱

 県内の動向はどうか。昨年度の神奈川県と市町村の寄附金額合計は約19億6千万で、前年から約9億円増となっている。横須賀市同様、15年度から返礼品送付を始めた自治体も多く、近隣では、逗子市と葉山町も今年度中に導入する方向だという。

 総務省が昨年、県内の各自治体に行ったアンケートでは、返礼品制度を設けた理由を「知名度アップとシティセールス」「街の魅力をPRし、来訪から定住に繋げたい」などと、地域の産業・経済の活性化に期する回答が多かった。

 一方で、「地域間格差が広がる」「費用負担が大きい」「寄附は無償で提供されるべき」「制度が理解されているか疑問」と本来の趣旨から外れることを危惧する声も多く、住民税控除による税収減も新たな課題となっている。だが、そうした意見を持ちつつも、他自治体の動向を見ながら実施しているのが現状だ。

 また、神奈川県は商品ではなく、ダイビングやサーフィン、工場夜景クルーズといった体験型ツアーを企画するなど差異化を狙う動きもあり、「返礼品合戦」はさらに熱を帯びている。

横須賀版のトップニュース最新6

21年春にリニューアル開業

よこすかポートマーケット

21年春にリニューアル開業 経済

新たな運営事業者を選定

11月8日号

まるで海上のダンス

ウインドサーフィン

まるで海上のダンス スポーツ

11月8日号

SUP世界大会で初V

北下浦中3年小貝実佑さん

SUP世界大会で初V スポーツ

ジュニア2種目で表彰台

11月1日号

暗闇と静寂 何を感じる

暗闇と静寂 何を感じる 文化

夜の猿島でアートイベント

11月1日号

アートと音楽で地域振興

衣笠地区

アートと音楽で地域振興 文化

木のオブジェなど資源活用

10月25日号

地域交流に学校施設活用

スクールコミュニティ事業

地域交流に学校施設活用 教育

モデル実施 第一弾は汐入小

10月25日号

運命はねのけた女の物語

市民劇団素倶楽夢

運命はねのけた女の物語 文化

娼婦から運動家になった浅葉わか

10月18日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    11月8日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

  • 10月25日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月8日号

お問い合わせ

外部リンク