横須賀版 掲載号:2016年11月25日号 エリアトップへ

高校生ものづくりコンテストの化学分析部門で全国大会に出場した 末永 愛さん 久里浜在住 18歳

掲載号:2016年11月25日号

  • LINE
  • hatena

実験と分析に明け暮れて

 ○…薬品などを使いながら用意された水の硬度を求め、報告書にまとめる化学分析部門。小数下4桁までの測定値の正確性、実験技法、速さまで総合的に問われる。今月行われた全国大会、惜しくも上位3人には及ばなかったが「来られただけで十分。楽しかった」と表情は晴れやか。日本中の高校生で10人しか立つことの出来ない舞台で、実験と分析に明け暮れた3年間の成果を全て、出しきった。

 ○…生粋の”リケジョ”ではない。神明小では男子とサッカーで遊び、女友達とは裸足で外を駆け回った。中学は音楽部で琴の演奏。化学とは無縁で、趣味は手芸や料理。ビーズクラフトやアップルパイを作っては友達や家族を笑顔にさせていた。そんな「ものづくり」の楽しさを知っていたことで横須賀工業に進学。「機械科に進みたかったけど男子ばっかりで…」と興味がなかった化学科を選んだ偶然が、秘めていた才能を輝かせることになった。

 ○…授業中の薬品を扱う技術と素早さにセンスを感じた先生に誘われ、1年生で競技大会に出場するといきなり関東まで進み、注目を浴びた。2年目も上位に食い込み「次は絶対に―」と最後の1年は土日も登校して実験と分析の日々。交代で指導してくれる先生達に感謝しながら、薬品量を半適の単位で調整する精密な作業に没頭した。結果、3年目の関東では会心の出来で優勝を果たした。

 ○…1年生の頃、大会で保護メガネ着用を忘れる初歩的なミスをするなど、以前は人前で緊張しやすく慌てた失敗も多かった。しかし状況が常に変化するこの競技で、次に何をしてどの薬品を使うかなど瞬時に判断、行動するうちに、時々に合わせて対応できる力と余裕が出て来たと感じる。「どの環境でもなんとかやっていけそう」。「化学分析」に育てられて、今は自分にちょっと自信がある。身に付けた技能を活かせる工業メーカーの品質管理の仕事に、卒業後は挑戦する。

横須賀版の人物風土記最新6

福島 肇さん(通称:たろうちゃん)

切り絵作家として活動する

福島 肇さん(通称:たろうちゃん)

小原台在住 62歳

10月15日号

川口 香世さん

よこすかおはなし会ボランティア代表、市内図書館などで活動する

川口 香世さん

湘南鷹取在住 

10月8日号

YUHKIさん

メタルバンド「GALNERYUS(ガルネリウス)」でキーボードを担当、作曲家としても活動する

YUHKIさん

市内在住 51歳

10月1日号

石塚 千津子さん

ボランティア団体「ゆいの広場」代表で認知症カフェ「 ら・らら」を運営する

石塚 千津子さん

グリーンハイツ在住 72歳

9月17日号

横須賀 しのぶさん(作詞家名:愛 よこすか)

日本コロムビア所属歌手で作詞家としても活動する

横須賀 しのぶさん(作詞家名:愛 よこすか)

林在住

9月10日号

岡田 成煥(せいかん)さん

株式会社富士防の代表取締役で「富士防職業訓練校」を開校した

岡田 成煥(せいかん)さん

森崎在住 55歳

9月3日号

宅建協会 横須賀三浦支部

弁護士による「不動産の法律無料相談」を12月15日に実施します。

http://www.yokosuka-miura.com/

本まぐろ直売所

10月10日は「まぐろの日」大特売。豊洲市場を仕切る大卸ならではの品揃え

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook