神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
横須賀版 公開:2017年6月23日 エリアトップへ

秋谷海岸 水上バイク「乗り入れNO」 地元町内会が要望書

社会

公開:2017年6月23日

  • LINE
  • hatena
水上バイクの乗り入れ自粛を促す警告板はあるが(=写真は昨年)
水上バイクの乗り入れ自粛を促す警告板はあるが(=写真は昨年)

 風光明媚で知られる秋谷海岸で、水上バイクの乗り入れが問題として浮上している。一部の事業者が今夏、海浜エリアを使って事業を展開しようとしており、海水浴客との接触の危険や騒音に対して、周辺住民らが不安を募らせているのだ。禁止を含め、行政に規制を求める声も上がっている。

専用ビーチ化 危惧する住民

 水上バイクを運転するには免許が必要となるのが、それ以外のルールについては利用者のモラルに委ねられている。秋谷海岸では、大楠漁業協同組が乗り入れを遠慮するよう、警告板を貼り出しているが、守られていないのが実情だ。

 昨年は8月後半から9月末の期間で同じ事業者が水上バイクのレンタル業務などを展開。周辺住民からの通報で、市の担当者が11回苦情処理に出向いたという。今夏は拠点となる施設をビーチ前に建設しており、本格的な事業計画が地元の秋谷町内会に示されている。これに危機感を強めた住民らが4月、町内会名義で田神明副市長に「水上バイク事業阻止」を求める要望書を提出。6月議会で長谷川昇議員も一連の経過を報告し、行政の積極関与の必要性を説いた。

 一般論として、海岸は自由使用が原則。だが、海水浴客、マリンレジャー愛好者、漁業者など異なる利用目的の調整を図るために、多くの自治体が「海・浜ルール」を策定している。市内では長井地区で適用されているが、大楠地区にはこれがなく、業者の参入を招きやすくしている事情がある。

 営業開始の準備を進めている事業者は「ルールの順守が前提。地元の理解も取り付けたい」と話している。現在は市が介入して、事業者と漁業組合、地元住民の4者で調整を図っているところ。市では来年度以降、「海・浜ルール」を新たに適用することも検討している。

横須賀版のトップニュース最新6

再エネ導入市民・企業に補助

横須賀市

再エネ導入市民・企業に補助

4市1町連携 ゼロカーボンへ

6月14日

2024年度中に電子書籍導入

横須賀市図書館

2024年度中に電子書籍導入

県内は16自治体、蔵書数・利用に課題

6月14日

“横須賀カード”集めて回って

“横須賀カード”集めて回って

地域振興で官民7者が制作

6月7日

「まだまだやれる」

横須賀市

「まだまだやれる」

40歳以上のバンドコンテスト

6月7日

「間違い歓迎」異例の公開実験

横須賀市生成AI

「間違い歓迎」異例の公開実験

独自チャットサービス 精度向上へ

5月31日

循環型社会の実現で連携

横須賀市内2事業者

循環型社会の実現で連携

回収プラ再利用を「見える化」

5月31日

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

  • OGURIをあるく

    OGURIをあるく

    〜小栗上野介をめぐる旅〜第3回 駿河台編【1】文・写真 藤野浩章

    6月14日

  • OGURIをあるく

    OGURIをあるく

    〜小栗上野介をめぐる旅〜第2回 プロローグ(倉渕編【2】)文・写真 藤野浩章

    6月7日

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook