横須賀版 掲載号:2018年3月30日号 エリアトップへ

「子育て支援」住みやすさに直結 「再興プラン」でも柱に

社会

掲載号:2018年3月30日号

  • LINE
  • hatena

 「人口減」をテーマに、市の成り立ちと推移、定住促進施策、地域での増減、他市との比較で横須賀市の現状に焦点を当ててきた。最終回では、社会増減と関係性の深い「住みやすさ」について考える。

 市は定住促進に関する「都市イメージ創造発信アクションプラン(2014〜17年度)」の事業を検証している。そのうち、「市民が感じる横須賀の魅力の変化」を12年・16年度のアンケートで比較した項では、「自然環境に恵まれている」が両年とも8割の回答。これに「充実した農海産物」「国際色豊か」が続いた。一方で、「通勤・通学の利便性」「道路・公園など都市基盤整備」「子育て支援の充実」の評価が下がっている=上グラフ。他自治体と相対的な比較で「見劣りしている」と感じているのではないか。

 また、「市民が優先すべきと考える政策」の調査で上位だったのは「子どもを産み育てやすいまちづくり」で、以下「安全安心なまち」「地域経済の活性化と雇用創出」―だった。これらの結果から、市民が求める現実的な「住みやすさ」とは何かが浮かび上がる。豊かな自然環境は大きな財産だが、市民生活の足元はどうか。こうした分析に、社会増減のヒントがあるのかもしれない。

目標達成より満足度

 2月に上地克明市長が掲げた「横須賀再興プラン」では、国や他都市に先駆けた子育て・教育政策の強化を挙げる。すぐに成果が出るものではないが、支援の取り組みによって好循環が生まれているのか、暮らし良いと感じられているのか。数値的な”目標”の達成度ではなく満足度の物差しに重点を置くことも必要だ。

道路事情の改善は

 前述のアンケートでは、道路など「生活の利便性」での評価の低下が目立った。都心へのアクセスは国道16号と横横以外に迂回ルートがなく、物流拠点、企業誘致などの経済活性にも弾みがつかないのが実情。実際的な距離よりも心理的に「遠い」という印象がある。

 昨秋、長年棚上げになっていた国道357号の八景島―夏島間の延伸計画がようやく動き出した。災害時の輸送経路確保や渋滞緩和などの期待もかかる。これに関連し追浜では再開発の動きもある。何を好機と捉えるか。一歩先を攻め入るアイデアが、人口減に立ち向かう突破口になるはずだ。

横須賀版のローカルニュース最新6

かつて存在した「富士講」

三浦半島ただひとりの先達

かつて存在した「富士講」 文化

10月18日号

横須賀から日本代表に声援

ラグビーW杯

横須賀から日本代表に声援 スポーツ

「PV」に2百人、トークショーも

10月18日号

ファインダー越しの京急愛

高校1年生倉田陽琉さん

ファインダー越しの京急愛 文化

津久井「ツバメ号」で写真展

10月18日号

五輪スカジャンお披露目

五輪スカジャンお披露目 文化

横須賀・ドブ板を世界へ

10月18日号

めくって知る今昔風景

めくって知る今昔風景 社会

くりはまカレンダー販売開始

10月18日号

高品質で人気の作業製品

高品質で人気の作業製品 教育

長瀬の刑務支所で「矯正展」

10月18日号

スカジャンでロック

スカジャンでロック 文化

三笠公園でフェス

10月18日号

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月11日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク