横須賀版 掲載号:2018年6月15日号
  • LINE
  • hatena

「ようやく来られた」 英バロー市・元市長「三笠」訪問

社会

記念艦三笠を見学するマーフィーさん(右から2番目)
記念艦三笠を見学するマーフィーさん(右から2番目)

 戦艦「三笠」が建造された英国バロー市の元市長で市議のジョン・マーフィーさんが今月8日、同艦が保管されている稲岡町の三笠公園を訪問した。艦内の士官室で、三笠保存会の荒川堯一理事長らに迎えられたマーフィーさんは、建造時の三笠が印刷されたはがきと設計図の写しを寄贈した。

 「三笠」は、明治政府がバロー市にあるヴィッカース造船所(現・BAEシステムズ・ランド・システムズ)に発注した当時最新鋭の戦艦。1902年に完成し、連合艦隊の旗艦として活躍。26年から横須賀市に記念艦として保存されている。

 マーフィーさんは「三笠」にちなんで名づけられたバロー市の「ミカサストリート」に在住。愛着があることからプライベートで訪れた。

 マーフィーさんは「ようやく来ることができた。よく手入れがされていて、愛されていることが分かってうれしい」と感激していた。
 

横須賀版のローカルニュース最新6件

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月18日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

  • 1月4日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「平穏死」を迎える心構え

「平穏死」を迎える心構え

27日 本町でシンポジウム

1月27日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク