横須賀版 掲載号:2018年12月7日号 エリアトップへ

「ヨコスカママナビ」代表で今月8日に「ECOフェスティバル」を開催する 椎名 純子さん 米が浜通在住 

掲載号:2018年12月7日号

  • LINE
  • hatena

地域の魅力 親子に発信

 ○…「イベントや企画を通して横須賀を盛り上げたい」。多世代が集まる催しを―と思い浮かんだのが「環境」。初開催の「ECOフェスティバル」では、これまでの活動で出会った人々に声を掛けて出展者を集めた。

 ○…「市内でいちばんイベントを楽しむ親子」を自認するが、横浜から転居してきた当初は「仕事と家の往復で帰って寝る場所だった」。地元に目を向けたのは、長男が産まれてから。知り合いがおらず、自分も子どもも「孤立している」と気付いた。「1日中誰とも話をしない日もあって。ママ友の作り方も分からない。でも時間はある」。悩みや愚痴を語り、お下がりを譲り合える関係ができれば―。そこで立ち上げたのが「ヨコスカママナビ」。市内イベントの集約発信や、ママ友づくりの「ママコン」、物々交換、フリーマーケットなど、「繋がり」の方法を探りながら活動を広げた。趣味のクラフトが高じて、身近な不要品から創作する「アップサイクル」の取り組みも発信する。

 ○…親子で外に出る・街を楽しむ・地域とつながる―。開始から約6年、その”きっかけづくり”が軌道に乗ったところだ。市内を改めて見回して感じたのは、自然の豊かさ。釣りに熱中した時期には、その日釣ったサバが食卓に上がることも。最近、小学1年生の長男がうみかぜ公園でスケートボードの練習を始めた。「こんな立派な広場があるなんて。まだまだ知らないことばかり」。日々の楽しい出会いが親子の活力になっている。

 ○…横須賀から派生して昨年、「ヨコハマママナビ」も誕生し、独自の活動を展開している。転勤で違う街に暮らしても、同じような出会いと情報発信の場があれば心強いはず。「『ママナビ』を全国各地に」。そんな将来を思い描いている。

横須賀版の人物風土記最新6

伊東 貴之さん

異業種交流団体、一般社団法人「BPS横須賀」で代表理事を務める

伊東 貴之さん

太田和在住 49歳

9月13日号

野坂 英八さん

創立60周年を迎えた三笠ビル商店街で理事長を務める

野坂 英八さん

野比在住 70歳

9月6日号

松原 光佑さん

この夏に関東大会を始めとする水泳大会で新記録を連発した

松原 光佑さん

池田町在住 大津中3年生

8月30日号

三田 希美子さん

学生団体「NELD」(ネルド)で代表を務める

三田 希美子さん

若松町在住 20歳

8月23日号

伊東 勝さん

横須賀けん玉教室を立ち上げ指導を続けている

伊東 勝さん

平作在住 79歳

8月9日号

木村 博超さん

8月4日から沖縄で開催されるインターハイに砲丸投げで出場する

木村 博超さん

三春町在住 18歳

8月2日号

Tomさん

高校生トラックメーカーSTAR FISHの世界配信曲でボーカルを担当した

Tomさん

船越町在住 26歳

7月26日号

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 9月6日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月13日号

お問い合わせ

外部リンク