横須賀版 掲載号:2019年4月5日号 エリアトップへ

「還暦越え新人シンガーソングライター」として精力的に活動する 阿尾 茂毅さん 鴨居在住 62歳

掲載号:2019年4月5日号

  • LINE
  • hatena

夢に挑戦「年齢は関係ない」

 ○…「還暦越えアーティスト、本気の挑戦」―。ジャンルはシティロック。昨年夏、初のアルバム「Starting Line」をリリースし、62歳でメジャーデビューを果たした。

 ○…中高時代はフォークソングの全盛期。中学2年の時、吉田拓郎の「人間なんて」を聴いて衝撃を受け、ギターを始めた。これと同時に熱中したのは音源づくり。カセットやオープンリールの機材を使って録音し、オリジナルのテープを作り友人に配った。「ヒットチャートや自分の声、曲を吹き込んだり。60分の”番組”を作るのが楽しくて」。ライブハウスにも通い詰め、音楽にどっぷり浸った。

 ○…「歌手にはなれなくても、少しでも関わりたい」。就職したのは、レコーディングスタジオ。山下達郎のアルバムクレジットに小さく記載されていた会社だった。初めての仕事はCM。録音と編集の作業は、10代の頃に没頭したカセット製作を思い出させるもの。映像音楽を手掛けるようになり、41歳でフリーに転身、映画の録音スタッフとしてカンヌのレッドカーペットも経験した。仕事の傍ら、バンドのサポートやDJなど音楽活動を続けるなかで「歌いたい」という熱い思いが再燃した。旧知のスタッフに支えられながら、59歳から”新人”のプロジェクトがスタート。3年かけて、メジャーデビューという夢を叶えた。レーベル名は『60 or Five to Seven』。夢への挑戦に年齢は関係ない―そんな思いを込めた。

 ○…「海の近くで暮らしたい」と一昨年、藤沢から転居。自然や食など、横須賀ライフを満喫している。「海の中のビーチクリーンもやってみたい。音楽でのまち活性にも関われたら」。先日は、市外で路上ライブを初体験。挑戦を楽しみに変えながら走り続ける。

横須賀版の人物風土記最新6

江口 健介さん

横須賀でSDGsの普及活動を主導する

江口 健介さん

湘南鷹取出身 31歳

12月6日号

鈴木 浩さん

株式会社「鈴直」代表取締役、県の卓越技能者に選ばれた

鈴木 浩さん

東逸見町在住 60歳

11月22日号

松下 竜大さん

「サバに寄生するアニサキスの特性」の研究で県作品展特別賞を受賞した

松下 竜大さん

走水在住 17歳

11月15日号

山口 莉央さん

「空道」の全国大会に5年連続で出場する

山口 莉央さん

湘南鷹取在住 16歳

11月8日号

豊岡 誠司さん

自作カヌーのファンイベントを手掛ける

豊岡 誠司さん

横須賀市内在勤 54歳

11月1日号

早川 守さん

衣笠山公園再生のシンボル「木のオブジェ」を作り出した

早川 守さん

阿部倉在住 70歳

10月25日号

永井 竜也さん

「ベル」の名でラッパーとして活動する

永井 竜也さん

岩戸在住 18歳

10月18日号

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

  • 11月15日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク