横須賀版 掲載号:2019年7月5日号 エリアトップへ

新規事業オーディション 独自性評価 5件が入賞 ヴィーガン餃子、ICT活用の運動指導など

経済

掲載号:2019年7月5日号

  • LINE
  • hatena

 新規性・独創性の高いビジネスプランを競う「横須賀スタートアップオーディション」の最終選考が先月29日、産業交流プラザで開かれた。発表した5件全てが独自性を評価され入賞となった。

 横須賀市産業振興財団が主催する同オーディションは、2007年に開始。市内で事業着手することを条件に、新規性や採算、地域貢献度などの項目で審査。市内事業の活性をめざし、新たなビジネスの芽を育てることが狙いだ。入賞者には、ICT・IoTの活用度などを評価基準に最大100万円が奨励金として贈られる。応募13件のうち1次を通過した5件が最終審査に臨み、全てが入賞となった。

データ武器に2社

 「横須賀からオリンピック選手を」を合言葉に地元のアスリートチームや学校へのトレーナー派遣事業を手掛ける株式会社SOURCE ОF SPIRITS。ICTを活用して心拍機能や運動量、疲労度などをセンサーで計測し、体力向上のプログラムを提供する。

 NPO法人ファミリアは個別指導型の福祉事業を長沢で展開。発達・知的障害の子どもに対し、学術的に効果検証された「応用行動分析」のもと、ITプログラムを用いた個別指導型の療育を提供。同時に保護者への教育も行う。2事業者には60万円が贈られる。

 新たな形のサービス付高齢者住宅を提案したのは株式会社銀翼の森。家族ほどの定員で、ICT活用の見守りシステムを採用。同社には40万円が贈呈される。

 株式会社横須賀ヘリテージが提供するのは、ヴィーガンやハラールといった肉を食べない・食べられない人に向けた、大豆ミート使用の「SOY餃子」。今月から通販サイトで販売を開始する。

 長井の長浜でトレーラーハウスを活用した宿泊施設をオープンさせる株式会社玄洋堂興産。観光だけでなく、平日やオフシーズンには、場所を問わず仕事ができる人たちに利用してもらうことも想定。2社には30万円が与えられる。

横須賀版のトップニュース最新6

福祉・子育てに注力

横須賀市新年度予算

福祉・子育てに注力 社会

総合窓口開設、ひとり親支援など

2月21日号

賑わい創出に新機軸

市内2公園

賑わい創出に新機軸 経済

屋外映画やサウナ、スケート

2月21日号

アプリ活用し移動を支援

アプリ活用し移動を支援 社会

車いす利用者の乗り継ぎ利便向上

2月14日号

機能移転で既存棟解体へ

聖ヨゼフ病院新棟完成

機能移転で既存棟解体へ 文化

戦前の建築、凹曲面が特徴 

2月14日号

復興願い続けるつるし雛

復興願い続けるつるし雛 文化

有志が制作 被災地の子どもへ

2月7日号

還暦ギフトに「赤スカジャン」

還暦ギフトに「赤スカジャン」 文化

干支刺繍、ドブ板の服飾店開発

2月7日号

湘南国際村にレンタル農園

湘南国際村にレンタル農園 文化

民間警備会社が開設

1月31日号

よこすかシーサイドマラソン

7月1日(月)20時エントリー開始!

http://www.yokosuka-seaside.jp/

本まぐろ直売所のお中元

まぐろ専門の冷凍倉庫が運営する直売所。本物の味を大切な人に!

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク