横須賀版 掲載号:2019年10月11日号 エリアトップへ

よこすか未来会議 会派マニフェスト発表 政策課題を市民と共有

政治

掲載号:2019年10月11日号

  • LINE
  • hatena
マニフェストを題材に議員と市民が議論を交わした
マニフェストを題材に議員と市民が議論を交わした

 横須賀市議会の最大会派「よこすか未来会議」は今月2日、任期4年間で取り組む政策課題をまとめたマニフェスト(公約集)を発表した。同日に説明会を開き、意見交換も行った。関心を寄せる市民約70人が集まった。

 13人の所属議員が意見をぶつけ合い、議会改革、教育、まちづくり、地域経済などを掲げた15の項目で会派としての考え方や方向性を示した。実現に向けた具体的な行動は政策提言として別紙にまとめ、合わせて公表した。

 議会改革では、先例市を参考に「ママさん議会」や「地域課題懇談会」を提案。市民の声を政策に反映させる新しい仕組みの構築を議論の俎上に載せるとした。教育面では、全中学校区に総合型地域スポーツクラブの設立を支援し、部活動と一体運営するアイデアを打ち出している。

 当日の参加者と議員がテーブルを囲んだ意見交換では、議員活動を「見える化」する試みを評価する声が上がった一方、「空き家対策は民家だけでなく自衛隊官舎なども早期の手立てが必要」「議員定数に対する考えや削減に努める姿勢が盛り込まれていない」と厳しく詰め寄る人もいた。

 マニフェストは会派のホームページ(【URL】www.yokosukamiraikaigi.org)で公開。進捗については、年に2回開く公聴会で報告するという。

横須賀版のローカルニュース最新6

「消費者目線」で信頼築く

新会長の横顔──

「消費者目線」で信頼築く 経済

7月3日号

コロナ基金に300万円

ソロプチ横須賀が寄附

コロナ基金に300万円 社会

7月3日号

香川の旧京急車両を再び赤く

香川の旧京急車両を再び赤く 社会

クラファンで寄付募る

7月3日号

WEB会議で市政に意見

市議会会派の対話集会

WEB会議で市政に意見 政治

市民約20人が参加

7月3日号

東京湾集水域の里山と淡水域

観音崎自然博物館

東京湾集水域の里山と淡水域 教育

常設展示を大幅改変

7月3日号

森戸海岸前にホテル

森戸海岸前にホテル 社会

「ガボン葉山」跡地に

7月3日号

あっとほーむデスク

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク