横須賀版 掲載号:2019年10月18日号 エリアトップへ

三浦半島ただひとりの先達 かつて存在した「富士講」

文化

掲載号:2019年10月18日号

  • LINE
  • hatena
御身抜(おみぬき)の軸装巻物を披露した斎藤先達
御身抜(おみぬき)の軸装巻物を披露した斎藤先達

 富士山を信仰の対象とする「富士講」。先達と呼ばれるリーダーの導きで富士登拝を行う古くからの習俗だが、三浦半島でも4年前まで北下浦地区にある三浦富士を富士山に見立てて登拝する神事が行われていた。これの中心的な役割を担っていた斎藤義次さんに富士講の活動と意義を聞く市民講座が今月11日、北下浦コミュニティセンターで開かれた。

 長沢在住の斎藤さんは昭和5年生まれの89歳。三浦半島でたったひとりとなった先達である。先達は富士山で修行を積んだ行者であり、「講」(こう)と呼ばれる集団を統制、富士登拝の際は導者となる。斎藤さんはこれまで45回の富士登拝を経験しており、国内でも数人しかいない「大先達」として尊敬されている。富士山の世界遺産登録にも関わっており、審査機関のイコモスが現地調査を行った際に「お焚き上げ」と呼ばれる護摩焚きの神事を披露したという。

 今回の講座で、斎藤さんは先達の行衣(ぎょうい)の白装束を身に纏って登場。先達に与えられる「御身抜」(おみぬき)の軸装巻物を披露した。

 三浦富士は、大漁祈願や海上安全を祈願する信仰の山であり、毎年7月8日の山開きに三浦半島一帯の「富士講」がこの山をめざして参集した。ただ、先達の高齢化や人員の減少を理由に現在、山頂での「お焚き上げ」は行われていない。先達の後継者も不在で、山田敏男総代長は「残したい文化。なんとか復活させたい気持ちはある」と話した。

横須賀版のローカルニュース最新6

横須賀最大級の朝市

横須賀最大級の朝市 経済

今月8日、久里浜ふ頭で

12月6日号

核兵器めぐる世界の潮流

核兵器めぐる世界の潮流 社会

ノーベル賞 川崎哲氏講演

12月6日号

戦中から国際感覚

戦中から国際感覚 社会

井上海軍大将の教え 肉声で

12月6日号

落語音読で認知症予防

中島内科クリニック

落語音読で認知症予防 社会

当事者家族ら集う「カフェ」で

12月6日号

ヘルシーおやつの決定版

ヘルシーおやつの決定版 経済

コンニャクスイーツ新登場

12月6日号

”片足のサッカー”広めたい

”片足のサッカー”広めたい スポーツ

競技者が大楠高校で授業

12月6日号

身近な秘境と歴史のコラボ

身近な秘境と歴史のコラボ 文化

鎌倉・三浦半島のガイド本

11月29日号

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

  • 11月15日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク