横須賀版 掲載号:2020年7月31日号 エリアトップへ

眞仁会の新クリニック 増床で透析需要に対応 北久里浜に移転開院

社会

掲載号:2020年7月31日号

  • LINE
  • hatena
154床のベッド数は透析施設として県内最大
154床のベッド数は透析施設として県内最大

 人工透析医療を専門とする「北久里浜たくちクリニック」(基金拠出型医療法人 眞仁会)が8月3日(月)、根岸町に移転開設される。夫婦橋近くにあった久里浜クリニックは、久里浜サポートセンターに名称を変え、スタッフの教育施設として機能させるほか、災害発生時などに対応する。

 新クリニックは3階建て。ベッド数は154床と透析施設として県内最大。近年、透析患者の高齢化が進み、介護を要する人が増加傾向にある中で治療が集中する日中の需要に応える。旧久里浜クリニックが県道16号線沿いにあり、患者の搬送などで交通渋滞を招いていた事情もあったことで移転に踏み切った。

 2011年の東日本大震災の計画停電を教訓に、屋上に長時間型の非常用発電機を設置。敷地は浸水対策として周辺道路より30cm高く設定し、防潮板も整備した。

 眞仁会は1974年に小川町で横須賀クリニックを開院。三浦半島で4つの透析施設と介護老人保健施設1つを運営している。エリア内の透析患者数は1400人前後とされており、その内の8割を受け入れている。

本まぐろ直売所

豊洲市場を仕切る大卸ならではの品揃え。8月7日~17日は毎日営業

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

横須賀版のローカルニュース最新6

海中が透け透け

海中が透け透け スポーツ

2人乗りスケルトンカヤック

8月7日号

浦賀中出身の同級生「RIZIN」初参戦

久里浜の「お散歩MAP」発行

久里浜の「お散歩MAP」発行 文化

子どもから大人まで人気

8月7日号

詐欺と交通事故へ注意喚起

横須賀警察署

詐欺と交通事故へ注意喚起 社会

8千通のかもめ〜るで

8月7日号

「被爆体験」語り継ぐ

「被爆体験」語り継ぐ 社会

8日に三浦市内で学習講座

8月7日号

戦跡で平和を考える

企画展

戦跡で平和を考える 社会

観音崎砲台が語りかけるもの

8月7日号

あっとほーむデスク

  • 8月7日0:00更新

  • 7月31日0:00更新

  • 7月17日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

風を感じよう

ウインドサーフィン&SUP

風を感じよう

体験教室に五輪内定の須長選手

8月29日~8月30日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年8月7日号

お問い合わせ

外部リンク