横須賀版 掲載号:2021年4月2日号 エリアトップへ

浦賀ドック シンボル消失も未来に期待 老朽化で大型クレーン撤去

社会

掲載号:2021年4月2日号

  • LINE
  • hatena
重さ20tの荷物を吊り上げたクレーン支柱部分=先月中旬撮影
重さ20tの荷物を吊り上げたクレーン支柱部分=先月中旬撮影

 住友重機械工業(株)の造船所跡地「浦賀ドック」周辺部が先月26日、横須賀市に無償寄付された。市は今後、一般開放を目指すが、周辺住民のシンボル的な存在だった大型クレーンは老朽化のため同社によって地元に惜しまれながら撤去された。

造船業支えた建造物

 浦賀ドックは1899年に竣工。1世紀以上にわたり、約1000隻にのぼる艦船等を製造した。当時は空を覆うかのように30mを超す高さのクレーンが何基も稼働し、活気に満ちた光景が一帯に広がっていた。

 「やっぱり無いと寂しいね」。西浦賀在住の郷土史研究家・山本詔一さんは取り払われたドックに目を向ける。

 ドックが閉鎖した2003年以降、山本さんらは構内の機関工場にあった来客用控え室を借り、近代産業遺産などにまつわる講演会やパネル展などを開いてきた。日本の造船業を支えた貴重な建造物として、一基だけ形をとどめた錆だらけのクレーンを市民の手で色を塗り直す話も持ち上がったが、安全面から実施されることはなかった。

 「今後ドックを起点としたまちづくりを進める中で、クレーンのレールや銘板、古い写真といった資料展示など、歴史的事実を未来に残していく活動を期待したい」と山本さん。市でも国内最古級とされるレンガドックを中心に、観光的な要素を取り入れたイベントや譲渡された敷地の整備を進める方向で、民間連携を進めていく考えだ。

横須賀版のローカルニュース最新6

聖火ランナー県内駆ける

聖火ランナー県内駆ける 文化

市内の走行は6月29日

4月9日号

引きこもり者の交流拠点

引きこもり者の交流拠点 社会

NPOが「夢カフェ」開設

4月9日号

警察職員の模範に

横須賀署の高橋警部補

警察職員の模範に 社会

市内唯一の表彰選出

4月9日号

N響首席奏者の競演

N響首席奏者の競演 文化

横三教育会館でリサイタル

4月9日号

ラジオで防災啓発

ラジオで防災啓発 社会

市消防局員出演の番組

4月9日号

横須賀の「映え」凝縮

横須賀の「映え」凝縮 文化

フォトコン受賞作を公開

4月9日号

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

N響首席奏者の競演

N響首席奏者の競演

横三教育会館でリサイタル

4月18日~4月18日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク