横須賀版 掲載号:2021年4月2日号 エリアトップへ

浦賀ドック シンボル消失も未来に期待 老朽化で大型クレーン撤去

社会

掲載号:2021年4月2日号

  • LINE
  • hatena
重さ20tの荷物を吊り上げたクレーン支柱部分=先月中旬撮影
重さ20tの荷物を吊り上げたクレーン支柱部分=先月中旬撮影

 住友重機械工業(株)の造船所跡地「浦賀ドック」周辺部が先月26日、横須賀市に無償寄付された。市は今後、一般開放を目指すが、周辺住民のシンボル的な存在だった大型クレーンは老朽化のため同社によって地元に惜しまれながら撤去された。

造船業支えた建造物

 浦賀ドックは1899年に竣工。1世紀以上にわたり、約1000隻にのぼる艦船等を製造した。当時は空を覆うかのように30mを超す高さのクレーンが何基も稼働し、活気に満ちた光景が一帯に広がっていた。

 「やっぱり無いと寂しいね」。西浦賀在住の郷土史研究家・山本詔一さんは取り払われたドックに目を向ける。

 ドックが閉鎖した2003年以降、山本さんらは構内の機関工場にあった来客用控え室を借り、近代産業遺産などにまつわる講演会やパネル展などを開いてきた。日本の造船業を支えた貴重な建造物として、一基だけ形をとどめた錆だらけのクレーンを市民の手で色を塗り直す話も持ち上がったが、安全面から実施されることはなかった。

 「今後ドックを起点としたまちづくりを進める中で、クレーンのレールや銘板、古い写真といった資料展示など、歴史的事実を未来に残していく活動を期待したい」と山本さん。市でも国内最古級とされるレンガドックを中心に、観光的な要素を取り入れたイベントや譲渡された敷地の整備を進める方向で、民間連携を進めていく考えだ。

本まぐろ直売所

12/4・5は13周年感謝セール、毎月第2・4土日は特売日!

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

横須賀版のローカルニュース最新6

新手法で商店街の魅力発信

新手法で商店街の魅力発信 経済

久里浜でオンライン買い物ツアー

11月26日号

団体立ち上げと活用法を学ぶ

団体立ち上げと活用法を学ぶ 社会

行政書士が講座

11月26日号

「夜空も心も明るくなって」

横須賀法人会青年部会

「夜空も心も明るくなって」 社会

児童養護施設で打ち上げ花火

11月26日号

観音崎で戦跡めぐり

観音崎で戦跡めぐり 社会

東京湾要塞研究家が案内

11月26日号

写真展示や作品販売も

写真展示や作品販売も 文化

文化会館で12月11日から

11月26日号

「指編み」でマフラー

小 学 生体験教室

「指編み」でマフラー 文化

11月26日号

横須賀市三春町4-1-10

「スカエネ」で太陽光発電を0円で設置

https://sanei-e.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook