横須賀版 掲載号:2021年4月9日号 エリアトップへ

「働く+休暇」に熱視線

経済

掲載号:2021年4月9日号

  • LINE
  • hatena
和田長浜海水浴場目の前に誕生する「 ナハマベース」
和田長浜海水浴場目の前に誕生する「 ナハマベース」

 「ワーク(仕事)」と「バケーション(休暇)」を組み合わせた新しい働き方である「ワーケーション」が脚光を浴びている。普段の職場を離れ、風光明媚な環境でリラックスしながらオンとオフを同時に楽しむスタイルだが、長引くコロナ禍で需要が一気に高まった。単なる観光客の誘致ではなく、働き盛りの世代を移住・定住に繋げる狙いもあり、人口減少にあえぐ地方都市を中心に取り組みが進む。こうしたトレンドを追い風に、三浦半島でも事業化に挑む事例が出始めている。

三浦半島でワーケーション

 横須賀中央でシェアオフィス「16Startups(イチロクスタートアップス)」を運営する(株)マチノベは、長井にある和田長浜海水浴場前のスペースにコンテナハウスを活用したワーケーション拠点「イチロクウエストコースト ─ナハマベース─」をオープンする。「海と風と青空を感じる仕事スペース」をコンセプトとしており、既存施設のサテライトオフィスとして機能させる。都市の喧騒を逃れた自然環境に身を置くことで、壮大な事業プランや新しいアイデアを生み出してもらう考えだ。

 ナハマベースの隣では、別の事業者がトレーラーハウス型の宿泊施設を開設しており、連携を図りながら長期で過ごせるプランもつくる。三浦半島での滞在時間の延長に繋げる狙いだ。

 マチノベでは現在、ナハマベースの年間会員を募るクラウドファンディング(【URL】https://camp-fire.jp/projects/view/410304)を実施中。今月17日(土)には内覧会も予定している。

 京急グループもワーケーションを意識したプランを用意し、新しいニーズを呼び込もうとアイデアを凝らす。都心から1時間の立地の利便性を前面に打ち出し、「新しい働き方」を提案している。観音崎京急ホテルでは、平日4泊5日の長期滞在プランの販売やホテルの客室をシェアオフィスとして時間単位で利用できるサービスを設けた。観音崎、油壷、城ヶ島の車中泊スポットを拠点にキャンピングカーで過ごすワーケーションプランも売り出している。

定住・企業誘致の呼び水

 逗子市では、自治体としてワーケーションの誘致に積極姿勢だ。関係人口だけでなく、関係法人を増やすことで本店の移転や企業誘致を進めることを目論む。ワーケーションで訪れる個人や企業へのアプローチを本格化しており、市内で利用できる施設や実際の過ごし方を紹介する冊子を都内の企業などに送付している。

 三浦市の三浦海岸前では、テレワーク、ワーケーションに対応したコワーキングスペース「BAYSIDE SHARE三浦海岸」が近くオープンする。オーナーは一級建築士事務所を営む男性。道路を挟んで砂浜が広がる住環境にクリエイターらを呼び込み、「職遊近接」の働き方を実践するという。昼はカフェ、夜はアルコールも楽しめるバーになるカフェスペースも設け、新しいプロジェクトが生まれる場にしていく。

逗子市が作成した冊子
逗子市が作成した冊子

横須賀版のトップニュース最新6

「働く+休暇」に熱視線

道路の損傷 LINEで通報

横須賀市

道路の損傷 LINEで通報 社会

市民が投稿、早期対応へ

4月9日号

「横須賀の恩人」偉業を回顧

デッカー司令官

「横須賀の恩人」偉業を回顧 社会

市民グループがパネル展示

4月2日号

「地域密着型バスタ」整備へ

追浜駅前

「地域密着型バスタ」整備へ 経済

バス停集約、駅直結の複合施設

4月2日号

「眠る戦跡」一般公開へ

貝山地下壕

「眠る戦跡」一般公開へ 文化

認定ガイドが案内

3月26日号

コロナ生還 実体験レポ

市内在住佐竹さん

コロナ生還 実体験レポ 社会

体調変化、隔離入院生活を本に

3月26日号

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

N響首席奏者の競演

N響首席奏者の競演

横三教育会館でリサイタル

4月18日~4月18日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter