横須賀版 掲載号:2021年8月6日号 エリアトップへ

横須賀市給食センター なぜ「愛称ナシ」 小中学生に公募、約2000通

教育

掲載号:2021年8月6日号

  • LINE
  • hatena
先月末に竣工、ここから市内中学校にトラックで給食を配送する
先月末に竣工、ここから市内中学校にトラックで給食を配送する

 横須賀市内23の市立中学校で9月29日から中学校給食が始まることに関連し先月末、平作小跡地に市の「給食センター」が竣工した。市教育委員会では、市内の児童生徒に同施設の愛称を募集したが、「該当作品なし」と発表している。

 給食センターの愛称について、市教育委員会は昨年11月から12月にかけて、施設に親しみを持ってもらう・給食をPRするといった目的で市内の小・中学校などを通して募集。1997件の応募があったが、市教委内に設けた審議会の選考により「該当なし」という結果になった。

 応募に際して、特に給食に関連するキーワード等の設定はなかったが横須賀の「スカ」や給食の「ショク」を使ったものが多かったことから、担当課では「類似の作品があり、一つに決められなかったため」とその理由を話す。このほかスカリン給食センターやスカ給センター、横給といった作品があったという。「応募した児童生徒が2000人近くいる中で『決められなかった』という理由はいかがなものか」という声も上がるが、現状で再検討や再募集の予定はないという。

施設に命名、効果は

 来年新設される子育て支援拠点施設は「すくすくかん」、新ごみ処理場は「エコミル」、夏島のリサイクル施設は「アイクル」―これらは公募で決まった公共施設の愛称。このほか、ほっとかん・すこやかん・はぐくみかんや横須賀リーフスタジアム・令和佐原球場、ヴェルクよこすか・デュオよこすかなども、市が別途名付けたものだ。名称・愛称について、特に市で決まった方針はなく、各施設の担当課が公募の有無を含めて考えているという。

 例えば、リーフスタジアムは、日産久里浜工場跡地にあり、同社の追浜工場で「リーフ」が生産されていることなどにちなんで命名された。昨年4月に開設した福祉の総合窓口「ほっとかん」は市庁内の協議で名付けられた。「ほっとかない・ぬくもりのある・ほっとする」といった想いを込めている。こうした名称・愛称は、それぞれ施設のイメージを分かりやすく伝えるのに役立っているという。
 

横須賀版のトップニュース最新6

移動スーパー 安否も確認

田浦中央食品

移動スーパー 安否も確認 社会

横須賀市と「地域見守り協定」

10月22日号

新聞を教材に活用

上町アンガージュマン

新聞を教材に活用 教育

NPOとして初の「NIE」認定

10月22日号

“娯楽の殿堂”で再開

さいか屋南館

“娯楽の殿堂”で再開 経済

eスポーツやカラオケ軸に

10月15日号

抗体カクテル療法を開始

横須賀市医師会

抗体カクテル療法を開始 社会

新型コロナの自宅療養者に

10月15日号

商店街に出張美術館

衣笠

商店街に出張美術館 文化

空き店舗活用で谷内作品

10月8日号

ICT教育施設「スカピア」開設

ICT教育施設「スカピア」開設 経済

学童保育や地域交流拠点

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook