横須賀版 掲載号:2022年1月28日号 エリアトップへ

中島三郎助生誕200年祭 郷土の偉人を語り継ぐ

文化

掲載号:2022年1月28日号

  • LINE
  • hatena
中島と桂の関係を伝える2人芝居が披露された
中島と桂の関係を伝える2人芝居が披露された

 ペリー来航に江戸幕府最後の戦いとなった函館戦争に直接係わった浦賀奉行所与力、中島三郎助の生誕200年祭が1月23日、浦賀コミュニティセンターで開かれた。顕彰団体「中島三郎助と遊ぶ会」の主催。

 中島は1821年(文政4年)1月25日に浦賀・川間で生まれた幕臣。生誕200年祭は、2021年に予定されていたが、新型コロナの影響で1年越しの開催となった。

 ステージでは、郷土史研究家の山本詔一氏が中島の功績を伝える講演を行った。通商を求めて来航したモリソン号を砲撃し、退去させた功績として幕府から刀を拝賜したエピソードや日本で最初の洋式軍艦・鳳凰丸の建造主任を務めたことなどを紹介。函館戦争で指揮を執り、中島と一緒に戦った榎本武揚の末裔や中島の子孫によるトークもあった。

 維新の三傑のひとりに数えられる桂小五郎(後の木戸孝允)が浦賀の中島宅に約1カ月寄宿し、造船技術などを学んだ史実を題材にした創作劇「桂小五郎来宅」も上演され、弟子入りを懇願する桂と中島のコミカルな掛け合いを劇団テアトル・エコー所属の俳優、浜野基彦氏らが歴史の一場面を面白おかしく切り取った。「郷土の偉人を伝える手法として中島と桂の物語を編んだ。地元の小学生などにもぜひ演じてもらいたい」と浜野さんは展望を話した。

横須賀版のローカルニュース最新6

経済を知り一手打つ

経済を知り一手打つ 経済

横須賀商議所の「平松塾」

5月20日号

理解できないを味わう

映画『夜を走る』

理解できないを味わう 文化

佐向監督が舞台あいさつ

5月20日号

検定試験を市が助成

検定試験を市が助成 教育

中学生の漢検・数検・英検

5月20日号

好きなことで自由に遊ぶ

好きなことで自由に遊ぶ 教育

不登校親子のよりどころ

5月20日号

土器で作るフラワーポット

土器で作るフラワーポット 文化

田浦の穴窯で焼成

5月20日号

長坂の田んぼ田植え体験会

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook