横須賀版 掲載号:2022年4月1日号 エリアトップへ

介護事業者スマイル 技能実習生の生活を支援 長井に礼拝所併設の交流拠点

社会

掲載号:2022年4月1日号

  • LINE
  • hatena
実習生のリリーさん(右)とウィンダさん
実習生のリリーさん(右)とウィンダさん

 横須賀・横浜地域を中心に介護事業を展開する株式会社スマイルが4月2日(土)、長井にイスラム教の礼拝所を併設した交流スペース「HARAPAN」をオープンする。同社は2020年3月からインドネシアの技能実習生を受け入れており、文化の異なる彼らの生活環境をサポートしながら、地域交流拠点として機能させていく。

 介護業界では25年には約32万人の労働力が不足すると推計。技能実習生などの外国人材の受け入れが進んでいる。同社では一昨年、インドネシアから5人を迎え、それぞれデイサービス施設などに勤務している。

 インドネシア人はイスラム教徒(ムスリム)が多く、1日5回の礼拝が欠かせない。実習生が働く施設では、礼拝スペースを設けるなど柔軟に対応しているが、集団での礼拝を重視する時間や曜日もある。近年、空港や商業施設に「ムショラ」と呼ばれる小さな礼拝所が設けられるケースが増えているが、市内にはないという。また、戒律により豚肉や酒など食べられない食品があるが、市内でインドネシア料理を専門に提供する店舗はなく、現地の食材やハラルフードを扱う店も数軒ほど。代用できる食品を探しながら自炊をしているという。「彼らは介護人材として良質なサービス提供に欠かせない存在。今後も受け入れを進めていく中で、仕事場以外の居場所、日本での暮らしをサポートする重要性を感じた」と同社人事部の亀割貴志さんは話す。

介護の情報交換も

 施設は飲食店だった店舗(旧さがみ亭/長井1の12の15)を改装した。開設にあたっては、実習生の要望も取り入れ、室内の礼拝スペースの隣には、手と足を清めるための専用シャワーブースを用意。食材や調味料・雑貨の販売スペースも設けており、今後はインドネシア料理の提供も考えている。施設名の「HARAPAN」とはインドネシア語で「希望」という意味。「実習生だけでなく介護事業者にも貸しスペースやリモート拠点、情報交換の場として活用してほしい。多様な外国人材の情報共有、学びの場になれば」と同社。開所は当面不定期だが、早朝の礼拝にも対応していくという。

横須賀版のトップニュース最新6

レンコン栽培を街の魅力に

津久井

レンコン栽培を街の魅力に 社会

農家と大学院生が協働

8月12日号

狙うは全国の頂き

中学生女子ソフトボール

狙うは全国の頂き スポーツ

初出場のゴールドウェーブ

8月12日号

地域共作の“武丸音頭”

武山連合町内会

地域共作の“武丸音頭” 文化

動画配信でお披露目

8月5日号

空間拡張、見せ方も工夫

YRP無線歴史展示室

空間拡張、見せ方も工夫 社会

校外学習の受け入れ強化

8月5日号

「九尾の狐伝説」続編創作

衣笠三雄堂書店

「九尾の狐伝説」続編創作 文化

三浦義明切り口に地元作家と

7月29日号

北図書館を駅前に移転

追浜地区再開発

北図書館を駅前に移転 経済

基本方針の策定は有隣堂

7月29日号

本まぐろ直売所

豊洲市場を仕切る大卸ならではの品揃え。8月5日~15日は毎日営業

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月12日0:00更新

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook