横須賀版 掲載号:2022年4月15日号 エリアトップへ

芸能一座「フルーツバスケット」を主宰する 山田 良正さん(芸名:スター☆YAMADA) 三浦市在住 73歳

掲載号:2022年4月15日号

  • LINE
  • hatena

笑顔で地域輝かせる

 ○…横須賀市職員(現役・OB)や保育士・教員、市民アーティストなど総勢120人のボランティア芸能一座「フルーツバスケット」。地域の寄席やイベント、施設訪問など年間約20公演の活動が、コロナ禍ですべて中止や延期に。2年ぶりに来週、自治会主催の「いきいきサロン」で一座のショーを披露する。

 ○…歌や踊り、落語、民族音楽など「彩り鮮やか」というイメージから「フルーツバスケット」と名付けた。前身は市職員の仲間と立ち上げた、歌やマジックの趣味の会。内輪で披露していたが、高齢者施設に招かれて公演したところ反響が大きく、地域交流に出向くようになった。100人を超える大所帯になって30余年。芸名も考えあい、自身はスター☆YAMADA、96歳の母は、マーサ・はまなす。ほかにも、ユニークな名前が並ぶ。「この一座では肩書きは関係なく、一人ひとりが主役。第2の自分を舞台で発揮してほしい」と微笑む。

 ○…学生時代は記者志望だったが「身近な地域に入り込んで力を注ぎたい」と市役所に入庁。同世代の職員と自主研究グループを立ち上げ、交流人口や食文化、市民協働などをテーマにまちづくりの提言も行った。「まちの風に吹かれよう」がモットー。異業種のつながりから市内の経営者団体と連携した「よこすか未来塾」を設立。「よこすか一番物語」の発刊などにも携わった。「まちを元気に、笑顔にしたい」という想いは、市役所の仕事も一座の活動方針も同じだ。

 ○…「今は芸能一本です」とニッコリ。”スター”が煌めくのは、やはり舞台。衣装に身を包み、歌う日を心待ちにしてきた。「仲間は宝。つながりを大事にしながら、生涯現役で地域を輝かせていきたい」

横須賀版の人物風土記最新6

山口 真生子さん

「全国消防職員意見発表会」に横須賀市消防局職員初の出場を果たした

山口 真生子さん

市内在住 27歳

6月24日号

飯田 浩司さん

ニッポン放送アナウンサーとして活躍する

飯田 浩司さん

大矢部出身 40歳

6月17日号

石川 貢さん

クラブユース県優勝の「横須賀シーガルズFCジュニアユース」で代表を務める

石川 貢さん

粟田在住 40歳

6月10日号

藤原 乃愛(のあ)さん

キックボクシング・ミネルヴァピン級で新たな日本王者となった

藤原 乃愛(のあ)さん

大矢部在住 17歳

6月3日号

江口 寛至(かんじ)さん

「カレーの街よこすか」公式テーマソングを作曲した

江口 寛至(かんじ)さん

若松町出身 22歳

5月27日号

大高 歩(あゆみ)さん

プロ野球チーム「神奈川フューチャードリームス」に今年度から所属した

大高 歩(あゆみ)さん

横須賀市出身 25歳

5月20日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook