横須賀版 掲載号:2022年6月17日号 エリアトップへ

横須賀・三浦半島 ロケ地探しの請負人 「スカロケ」代表の藤城さん

社会

掲載号:2022年6月17日号

  • LINE
  • hatena
 自宅から臨める久里浜港をバックに。「ここも自慢のロケーション」と藤城さん
 自宅から臨める久里浜港をバックに。「ここも自慢のロケーション」と藤城さん

 ロケーションサービスという仕事がある。映画やドラマ、CM、雑誌などの撮影コンセプトにあった風景や場所を見つけ出し、使用許可の交渉までを一手に引き受ける業務だ。現在、劇場公開中の『冬薔薇(ふゆそうび)』は、浦賀ドックや西浦賀、ヴェルニー公園、ドブ板通りほか市内各所がロケ地として使用されている。これの撮影現場を支えたのが、(株)ヨコスカロケーションサービス(=スカロケ)代表の藤城弘紀さんだ。

  * * * *

 藤城さんは、大手通信会社を30代で退職し、南太平洋のトンガで食品ビジネスの現地コーディネーターとして活躍。今の仕事につながる人と人、人と場所をつないで何かを生み出すスキルを身に着け、2018年に横須賀・三浦半島のロケーションを映像制作会社などに紹介する会社を立ち上げた。

 サポート実績は枚挙にいとまがない。同社のホームページには、バラエティ番組『THE突破ファイル』、サントリービールWEBドラマ『上京エール』、アイドルユニット「AiRBLUE」のミュージックビデオ制作など、これまでに携わった仕事を紹介している。

 藤城さんによれば、新型コロナの発生以降、制作会社が都内近郊でのロケを求める傾向が強まっており、海山の自然、都会と田舎の両面性を持った横須賀・三浦半島が俄然注目を集めているという。横須賀市もロケサービスを設けて撮影場所の相談に応じているが、民間施設などを使用する場合に料金交渉ができないため、藤城さんがその部分を引き受けている。

 ただ、制作会社のオーダーは一筋縄でいかない。「学習塾が1階にあるテナントビルの一室」「空き家となっている古民家」「病院のワンフロアを丸ごと」など、どんな球が飛んでくるかわからない。条件を満たす場所を探し、シビアな交渉を重ねて、作品として使われた時の喜びがやりがいだという。現在は久里浜を会場にした一大音楽イベントの開催を夢想。可能性を求めてロケハンを行っている。

本まぐろ直売所

豊洲市場を仕切る大卸ならではの品揃え。8月5日~15日は毎日営業

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

横須賀版のローカルニュース最新6

認知症に鍼灸

認知症に鍼灸 社会

神歯大に治療院

8月5日号

障害児者の視点 芝居で伝える

障害児者の視点 芝居で伝える 文化

8月21日ヴェルクよこすか

8月5日号

プロに聞く eスポーツの魅力

プロに聞く eスポーツの魅力 社会

市民大学の夏期特別講座

8月5日号

仏像の前で「無」の心

「わんぱくフェス」出演者募集

「わんぱくフェス」出演者募集 文化

11月に市内で開催

8月5日号

軍港めぐって落語も堪能

あっとほーむデスク

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月5日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook