神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
横須賀版 公開:2024年4月19日 エリアトップへ

池田町貞昌寺公園 竹に120年ぶり 花が咲く 数カ月で枯死、再生は…

社会

公開:2024年4月19日

  • X
  • LINE
  • hatena
左奥に広がる竹林に一部開花したものがみられる
左奥に広がる竹林に一部開花したものがみられる

 池田町の貞昌寺公園近くの竹やぶに自生するハチク(淡竹)の一部が開花を迎えている=右上写真。中国原産のハチクは真竹、孟宗竹とともに国内で主要な竹の種類に数えられている。開花の周期は120年と言われているが、記録が少なく詳細については不明。同様の開花は数年前から全国で観測されており、花を咲かせた後は数カ月のうちに枯れてしまうことが各地の報告で明らかになっている。

 横浜市立大学で植物の遺伝学などを専門とする坂智広教授(同町在住)は、「昨年あたりに一斉に開花し、それが徐々に伝播している状態」と話す。イネ科である竹は1つの地下茎でつながっており、同じ遺伝子を持つクローンがそれぞれタケノコとして生じて成長する。

 坂教授は「開花後に地下茎が生き残るか、分派した稈(かん)(茎)が子孫を残せば再び新しいタケノコが生えてくる」としている。一方、広島大学では一帯すべてが種子を作ることなく枯死したという研究結果もあり、同園奥のハチクの更新については不明な部分が多い。

横須賀版のローカルニュース最新6

特殊詐欺防止で表彰

横須賀警察署

特殊詐欺防止で表彰

5月25日

6つの街 カレーで巡る

6つの街 カレーで巡る

グルメスタンプラリー

5月24日

「災害対策」経験どう生かす

横須賀市

「災害対策」経験どう生かす

被災地支援199人の職員が報告

5月24日

乙な"夜バラ"観賞

ヴェルニー公園

乙な"夜バラ"観賞

5月24日

生命の神秘に触れる

生命の神秘に触れる

深浦でクサフグの産卵

5月24日

三浦一族の聖地と功績

三浦一族の聖地と功績

山城ガールむつみさん講演

5月24日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook