神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
横須賀・三浦版 公開:2024年6月14日 エリアトップへ

深浦町内会 地域で供養60余年 警視庁から感謝状

社会

公開:2024年6月14日

  • X
  • LINE
  • hatena
墓前で手を合わせる今村町内会長
墓前で手を合わせる今村町内会長

 西南戦争からの帰途でコレラに感染し、亡くなった警視隊らが埋葬されている浦郷町の官修墓地。その清掃・献花などを戦後60年以上行ってきた深浦町内会が6月5日、追浜行政センターで警視庁から警視総監感謝状を授与された。感謝状を交付した森元良幸警視副総監は「われわれの先人の供養のために多大な貢献をしていただいた」と謝辞を述べた。

 1877年に勃発した西南戦争に際し、明治政府は征討軍を九州に派遣。終結後、東上する船内でコレラがまん延し、入京を禁じられたため長浦湾口に停船した。患者は箱崎の病院に収容されたが、警視庁警部補心得七宮盛衛はじめ31人が亡くなり、引き取り手のない遺骨は対岸の追浜(現在のアイクル付近)に埋葬された。同地が海軍用地となるため、1913年に深浦の地へ移転され、現在は48基の墓石が並ぶ。

「歴史伝える文化財」

 敗戦後、軍の解体で墓地の管理は国から市に移り、地元の有志で清掃や供養が行われていたが、60年ほど前から町内会が主体となって取り組むようになった。

 そのほか、毎年5月には同会と追浜行政センターが合同で慰霊祭を実施。過去には墓下に眠る兵士の子孫も訪れたという。

 2027年には埋葬者の没後150年を迎えることに際し、同町内会会長の今村恭啓さんは「当時の大変な世相・歴史を伝える文化財として、絶やさずみんなで守っていきたい」とコメントした。

今村会長(中央左)と森元警視副総監(左)
今村会長(中央左)と森元警視副総監(左)

横須賀・三浦版のローカルニュース最新6

プールで漕ぎ進む

カヌー体験

プールで漕ぎ進む

小・中学生対象の教室

7月16日

余剰食材提供呼び掛け

かながわ信金

余剰食材提供呼び掛け

全店舗でフードドライブ

7月16日

夕日と笑いのコラボ

夕日と笑いのコラボ

ポートマーケットで芸人ライブ

7月16日

一勝に青春を捧ぐ

一勝に青春を捧ぐ

田沼宏友さん(久里浜高卒 44歳)

7月12日

八坂神社夏まつり

三浦一族最後の夜

三浦一族最後の夜

琵琶と木遣りで追悼

7月12日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

横須賀・三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

横須賀・三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook