神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
横須賀・三浦版 公開:2024年6月21日 エリアトップへ

西浦賀愛宕山公園 「歴史と眺望」に光 観光拠点めざし再整備

社会

公開:2024年6月21日

  • X
  • LINE
  • hatena
公園広場へ向かう階段は草木で足元が狭くなっている
公園広場へ向かう階段は草木で足元が狭くなっている

 横須賀市は浦賀地区の誘客促進へ向け、愛宕山公園のリニューアルに取り組む。開会中の市議会6月定例議会に事業費として2020万円の補正予算案が提出された。「歴史と眺望」をコンセプトに2024年度は測量・設計を行い、園内の整備は来年度以降を予定している。

 浦賀駅から南へ徒歩20分、西叶神社のさらに先に入り口がある愛宕山公園。ペリー浦賀来航の際に交渉に当たった浦賀奉行組与力・中島三郎助の招魂碑を建立した1891年に整備され、市内で最も古い公園とされている。

 高台に位置しており、浦賀湾を一望できる広場へ向かうには階段を上る必要があるが、足元に草木が生い茂っており足の踏み場がない状況。地域住民からも「階段が狭くて歩きにくい」「階段を上った先に休憩スペースが少ない」「木が鬱蒼としているので伐採で園内を明るくしてほしい」といった改善を求める声が上がっていた。それらを受け、市は園内の伐木・剪定や老朽化したデッキ、トイレ、ベンチなどの整備・改修を決定した。

 市は今年3月、住友重機械工業(株)と浦賀駅前周辺を含めた土地利活用に関する協定を締結しており、浦賀ドックを含めた歴史的な地域資源の活用を進めている。今回の事業も、眺望を通して歴史を学べる透明なパネルの設置や、飲食店や寺社仏閣などと連携した新たな浦賀周遊ルートの構築に取り組むほか、中島三郎助の顕彰へ向け校外学習での利用促進も図る。

 実際の公園整備は2025年度以降となり、今年度は前段階として園内の測量と設計を行う。

避難地としても活用

 市は県との協議の中で、今回補正予算として計上された2020万円のうち7割は国の「緊急防災・減災事業費」の活用を検討中だとしている。階段、スロープ、手すり、転落防止柵など地震発生時の津波避難地としての環境整備は交付税措置となり、利子を除いた事業元金が国から支給される。

 なお、観光パネル等の設置など、来年度以降の整備事業を含めた全体費用は約1・5億円を見込んでいる。

広場から浦賀湾を見渡せる
広場から浦賀湾を見渡せる

横須賀・三浦版のトップニュース最新6

女性として 堂々と

横須賀在住小林桜琉姫さん

女性として 堂々と

ミセスコンテストで総合2位

7月12日

サイバー被害、断固阻止

サイバー被害、断固阻止

中小企業向けPJが始動

7月12日

「第3の居場所」を紹介

「第3の居場所」を紹介

不登校児保護者らサイト制作

7月5日

夢と空き家をマッチング

異業種連携

夢と空き家をマッチング

倉庫でカフェ開設、大工の練習場

7月5日

地道な緑化が結実

県立横須賀工業

地道な緑化が結実

日本芝生文化大賞を受賞

6月28日

星になった祖父に思い馳せ

星になった祖父に思い馳せ

孫ふたりで絵本共作

6月28日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

横須賀・三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

横須賀・三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook