三浦版 掲載号:2014年12月19日号 エリアトップへ

砂浜でだいこん“日光浴” 6万8千本を天日干し

経済

掲載号:2014年12月19日号

  • LINE
  • hatena
だいこんの収穫作業をする関係者
だいこんの収穫作業をする関係者

 三浦海岸砂浜には天日干しされている大根の光景が広がっている。これは、三浦市特産品郷土漬物研究会の浅漬けたくあん「まいるど」の出荷のために行われている。「まいるど」は、大根を低農薬で直栽培し、三浦海岸の浜辺で天日干しを行い、風味と甘味をつけ米ぬかで自家製漬け込みをしているのが特長。浜辺で大根を干す理由は風通しが良く、水分が抜けるのが早い為。海風が常に吹くため真冬でも凍る心配はない。寒くなるほど大根の辛さが甘味に変わるという。来年2月までに約6万本を超える大根を天日干しにする。 三浦海岸近くで農園を営む松本幹夫さんは「雨の日もあったが、天気の良い日は早くて4日で乾燥したことも。今年も順調に進んでいる」と話している。

 「まいるど」は、1995年に「日本農業賞優秀賞」及び「神奈川県知事賞」を受賞。96年には県内各地の名産を集めた神奈川ブランドのひとつに加えられ、07年には県民から推薦を受けた名産品「新かながわ名産100選」にも選出されている。

三浦版のローカルニュース最新6

Zoom基礎講座

Zoom基礎講座 文化

65歳以上対象に指南

9月10日号

前田家文書にみる初声村

歴史講座

前田家文書にみる初声村 文化

9月10日号

警察の豆知識教えます

三崎署

警察の豆知識教えます 社会

HP内にキッズコーナー開設

9月10日号

舞台活動を止めない

横須賀シニア劇団「よっしゃ‼」

舞台活動を止めない コミュニティ文化

最新作オンライン配信

9月10日号

海岸美化に協力を

海岸美化に協力を 社会

2団体が清掃活動

9月10日号

働く人向けの電話相談

10日〜12日

働く人向けの電話相談 教育

コロナ禍 ストレスや悩みに

9月10日号

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月6日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook