三浦版 掲載号:2019年5月31日号 エリアトップへ

三崎暮らしの機微つづる いしいしんじさん、新著発刊

社会

掲載号:2019年5月31日号

  • LINE
  • hatena
新刊を発売する作家のいしいしんじさん=写真左=と、出版社「アタシ社」のミネさん
新刊を発売する作家のいしいしんじさん=写真左=と、出版社「アタシ社」のミネさん

実話集「みさきっちょ」

 晴れた日の三崎は、世界一の町――。かつて三崎・日の出に住んでいた作家のいしいしんじさんが、同地での暮らしを描いた実話集「みさきっちょ」を6月10日(月)に上梓する。

 近所に住む元気な子どもたち、スナック・バーの店員、八百屋の看板娘…登場するひとも店もすべて実名。作中には夕方を知らせる「歌の町」のチャイムが流れ、「しゃんねえなあ」「すごいじぇん」などの“三崎弁”が、小気味よく響く。

*  *  *

 2001年秋、当時の住まいがあった浅草から港をめざして電車で行き着いた三崎港。初めての地にもかかわらず、その翌週、2度目の訪問時に地元の不動産屋「オーシャンフロント」で、遠洋漁船の船乗りたちの簡易宿屋だった昭和の香りが残る古い一軒家を借りるところから物語は始まる。海南神社夏例大祭の神輿の担ぎ手になったことで“三崎人”の仲間入りを果たし、「宇宙一の魚屋」と愛してやまない「まるいち魚店」店主“のぶさん”こと、故・松本宣之さんらと過ごした日々や人情の機微などがユーモアを交えながら、ときに切なくつづられている。

*  *  *

 現在は京都に暮らすいしいさんだが、「母港は三崎。いつか帰港する日を心待ちにしながら航海中」と自身を表現するように、離れた今も思いは強い。これまでにも、三崎を舞台にした「三崎日和 いしいしんじのごはん日記2」(新潮文庫)や「港、モンテビデオ」(河出書房新社)の著書を発表。今作は同地で夫婦2人の出版社「アタシ社」を営むミネシンゴさんと1年ほど前から構想を練り、「三崎のひとにまず読んでもらえるような本」をめざしたという。

 装画と挿絵は、絵本作家の長谷川義史さんに打診。実際に長谷川さんが下町を歩き、目、足、舌で感じた日常の景色を独特のあたたかなタッチで切り取った。

 完成を受けてミネさんは「住んでいる町の本を住んでいる町で作れることは幸せ」と喜び、「自分が住む町が、もっと好きになる一冊」と話した。

 全国書店発売に先駆けて、三崎堂書店(三崎3の2の16)とアタシ社HPで先行販売中。190頁、1400円(税別)。

三浦版のローカルニュース最新6

名門程ヶ谷CCが県民デー

名門程ヶ谷CCが県民デー スポーツ

1・2月対象日が特別料金

11月21日号

「学校減より教員増を」

三浦まちづくりの会

「学校減より教員増を」 教育

市に提案書提出

11月20日号

継続支援に「心から御礼」

継続支援に「心から御礼」 社会

南三陸町長が表敬訪問

11月20日号

神湯に無病息災祈願

神湯に無病息災祈願 文化

海南神社で出居戸祭(でっとさい)

11月20日号

エコバッグ作ります

販促品・記念品に

エコバッグ作ります 社会

完成までサポート

11月20日号

交流センター利用説明会

交流センター利用説明会 社会

活動相談や助成金活用等

11月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月20日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月21日号

お問い合わせ

外部リンク