三浦版 掲載号:2014年12月19日号 エリアトップへ

三浦海岸ご当地キャラ誕生 桜をイメージした「みうらん」

経済

掲載号:2014年12月19日号

  • LINE
  • hatena
58通の中から選ばれた「みうらん」
58通の中から選ばれた「みうらん」

 三浦海岸ご当地キャラクター「みうらん」がこのほど誕生した。全身ほんのりとしたピンク色で、桜をモチーフにしたデザインが特徴。今後は、三浦海岸地区で行われる各種イベントなどに登場し、同地区の魅力発信のために活動していく。

 ご当地キャラクターを作って三浦海岸地区の魅力をアピールしようという地元の声を受け、三浦商工会議所は夏にキャラクターのデザイン募集を行った。全国から58通の応募があり、その中から市内に住む落合怜奈さん(19歳)のデザインが採用された。

 「みうらん」の設定は女の子。顔は冬の風物詩でもある「三浦海岸桜まつり」をイメージしやすい桜の花びらの形。首には菜の花が付けられ、三浦野菜の象徴でもあるダイコンがさりげなく加えられている。愛くるしい表情も特徴だ。

 将来デザイン関係の仕事に就くことを目標に勉強している落合さん。「採用されてうれいしい」と喜びを語った。デザインで重視したのはシンプルさだという。「誰が見てもすぐにイメージが沸くようにした」と話す。「多くの人に三浦市を知ってもらえるような存在になってほしい」と語った。

 デビューは、来年2月に開催される、三浦海岸桜まつりを予定。会議所では着ぐるみのほか、各種グッズの作製を予定している。また、バリエーションとして、アロハシャツを着たものや、シュノーケルを付けたものなど、季節に応じたデザインも落合さんの協力のもと進められている。

 同会議所では「すでに活躍している三浦ツナ之介とともに、三浦のアピールに努めていきたい」と話している。

三浦版のトップニュース最新6

ワクチン接種に補正予算

三浦市

ワクチン接種に補正予算 政治

総額およそ1億円

9月10日号

授業配信で学習機会確保

市立小中学校

授業配信で学習機会確保 教育

希望者にタブレット貸与

9月10日号

7億9千万円で最多更新

ふるさと納税

7億9千万円で最多更新 経済

コロナ被害支援も一因

8月27日号

「小児がんとの闘い支えて」

「小児がんとの闘い支えて」 社会

両親ら募金協力呼びかけ

8月27日号

1週間で感染20人超

新型コロナウイルス

1週間で感染20人超 社会

若い世代に増加傾向

8月6日号

知識深めて地域にいかす

知識深めて地域にいかす 社会

「ニナイテカレッジ」開講

8月6日号

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月6日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook