三浦版 掲載号:2019年1月11日号 エリアトップへ

野菜消費拡大でタッグ 農協や大学らが料理開発

社会

掲載号:2019年1月11日号

  • LINE
  • hatena
大学生が考案した限定グルメ
大学生が考案した限定グルメ

 三浦半島産野菜の美味しさ知って―。三浦市農業協同組合は、昭和女子大学の産学連携事業に参画し、京浜急行電鉄・JA全農かながわ・JAよこすか葉山と三浦半島産の野菜の消費拡大に取り組んでいる。京急百貨店(横浜市港南区)では共同で考案した料理の提供や野菜即売会が企画され、魅力のPRに力を入れる。

 事業に取り組んでいるのは、将来栄養士や管理栄養士をめざす、昭和女子大学生活科学部管理栄養学科(東京都世田谷区)の学生たち。「Do you 農(know) vegetables?」とのプロジェクト名を冠した産学連携事業で、消費が落ち込む三浦半島産野菜の消費拡大、地産地消の推進を目的に行われている。

8品を商品化

 初の試みとなった昨年は、三浦産のだいこんを使って3つの特別メニューを考案。好評を博した。第2弾となる今回は、だいこんとキャベツをテーマ食材に6チームが栄養・見た目・コスト、魅力の引き出し方に工夫した和洋中のレシピを創作。プロジェクトメンバーやレストランのシェフを前にプレゼンテーションと試食を実施した。

 甘みが強く、やわらかな歯ごたえを生かした「キャベツと豚肉の柚子しお鍋定食」、中華風スープでだいこんをじっくり煮込んだ「中華粥」など計8種を商品化。同百貨店のレストラン・総菜売り場で、2月6日(水)まで販売されるほか、メニューのPRを兼ねて特別販売会も開催される。

販促を強化

 三浦市農協では、地元特産の「こだわりかぼちゃ」のPRと消費拡大をめざし、県や生産団体、京急ストアと連携してフェアを継続開催。また、独自の取り組みでは、先月からオンラインショップを開設し、「畑直送」を売りとした野菜の詰め合わせや三浦大根などを販売している。

三浦版のトップニュース最新6

観光振興と防災に力点

城ヶ島西部地区再整備

観光振興と防災に力点 社会

まちづくり基本構想を公表

9月20日号

がんの不安、対話で解消

メディカルカフェ

がんの不安、対話で解消 社会

三浦修道院で交流会

9月20日号

23年の供用開始めざす

子育て賃貸住宅等整備

23年の供用開始めざす 社会

南下浦市民センター解体へ

9月6日号

トゥクトゥクで三浦周遊

トゥクトゥクで三浦周遊 社会

レンタカー店が新名物提案

9月6日号

「ハマカンゾウ一緒に守って」

「ハマカンゾウ一緒に守って」 社会

NPOが栽培協力よびかけ

8月23日号

スーパーヨット誘致へ

三崎漁港

スーパーヨット誘致へ 社会

海外富裕層の消費に期待

8月23日号

居住と開業、気軽に試して

居住と開業、気軽に試して 社会

空き家活用し、拠点開く

8月9日号

あっとほーむデスク

  • 9月20日0:00更新

  • 9月6日0:00更新

  • 8月9日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク