逗子・葉山版 掲載号:2011年7月22日号
  • googleplus
  • LINE

「県立近代美術館葉山」の館長を務める 水沢 勉さん 葉山町堀内在住 58歳

橋渡し役として

 ○…半世紀を超える歴史を誇る県立近代美術館。一色海岸を目の前に臨む葉山館が建てられたのは鎌倉館、鎌倉別館に続き3番目。建物そのものの歴史はまだ新しいものの、20世紀の文化や芸術を問いかける企画展を常に発表し続けている。33年に渡る学芸員としての実績を買われ、館長に就任したのは今年4月。「これまでの歴史を踏まえながら、きちんと未来に繋がるものを発信していきたい」。

 ○…「ステージを用意する人」。それが自らの考える学芸員。展覧会は館長や学芸員が発案し、展示に必要な作品の収集や作家への打診、予算取りなどおよそ1年かけて企画を組み立てていく。「音楽家に舞台が必要なように、作家と作品を観る人とを繋ぎ合わせる場所を作るのが私たち学芸員」。作家のパートナーとして、また時には作品をより魅力的に展示するための空間コーディネーターとしての役割も果たす。「でも一番大事なのは人間関係。作品の理解度や作家との関係性、その他の交渉ごとも全て人間関係あってこそですから」と言葉の端に長年の経験が滲む。

 ○…子どもの頃から美術が大好きだった。幼少の頃は両親に連れられ美術館に通い、高校生になると自分も油絵を嗜むようになった。「でも自分よりはるかにうまい奴がたくさんいまして。自分の美術の才能は早々に見限ってしまった」。それでも美術という土壌から離れたくなかった。大学では美術史を専攻。「創作の場に一番近くにいたい」という想い一心で学芸員を生業に選んだ。「作品との距離感が近いということが一番の喜びです」と笑顔を覗かせる。

 ○…あすから行われる企画展は開館60周年を記念した特別展。「現代美術の展開」と銘打ち、同館が所蔵する約1万2千点の中から選りすぐりの作品を展示する。「今回の企画展で来館された方にうちの歴史の厚みを知っていただければ」。会場では60年という歴史の1ページが紐解かれる。
 

逗子・葉山版の人物風土記最新6件

石井 由樹子さん

設立5周年を迎えた「森のようちえん 葉山 もりのわ」の代表を務める

石井 由樹子さん

3月9日号

高橋 昭善さん

藻類研究者で相模湾海藻調査会を主宰する

高橋 昭善さん

2月23日号

長岡 武史さん

50周年を迎えた逗子市商工会青年部の第51代部長を務める

長岡 武史さん

2月9日号

石渡 勝さん

「なぎさマンドリンアンサンブル」の指揮・編曲を手がける

石渡 勝さん

1月26日号

中村 達矢さん

一般社団法人「逗子葉山青年会議所」(逗子葉山JC)の第55代理事長に就任した

中村 達矢さん

1月12日号

神戸(かんべ) 悠太さん

「逗子アカモクプロジェクト実行委員会」の実行委員長を務める

神戸(かんべ) 悠太さん

12月15日号

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月9日号

お問い合わせ

外部リンク