逗子・葉山版 掲載号:2013年3月22日号
  • googleplus
  • LINE

大学時代から通算16カ国、1万5千Km以上を走破したサイクリスト 山田 美緒さん 逗子市山の根在住 30歳

自転車は世界を繋ぐ

 ○…世界を知るのに貪欲だった大学時代、アフリカの地域文化学を専攻。学んだことを実地体験しようと在学中に現地を踏んだが、当時は期待した経験を得ることはできなかった。原因は「現地の人との間にある距離感」。ならばより身近にと思いついたのが自転車による大陸縦断だった。それまで自転車旅行をしたこともなく、周囲から猛反対されたが決意は固かった。南アフリカ喜望峰を目指し、ケニアに立つのはそれからわずか半年後のことだ。

 ○…最果ての地を5千Kmひた走る決死行。予め日本1周をして経験を積み、整備の一切をこなせるよう自転車屋に弟子入りもした。さらに女性と悟られないよう頭は丸坊主に。生身で風を切る日々。村につけば集落をめぐり、土地の生活にふれ人々と言葉を交わす。毎日が発見の連続だった。雨季のある日、空の恵みにはしゃぐ子どもたちを目にこう思った。「自分には嫌な雨も彼らにはあんなにも嬉しそうにしてる。雨はやまないけど、考え方ひとつで世界の見え方は変えられる」

 ○…帰国してからも熱は冷めやらない。台湾、中東、アメリカを渡り、結婚後はシルクロード3千Kmを走破した。現在も各国のサイクリストを集めたツアーを企画するなど精力的だが、目的は自転車に乗ることだけではない。旅先で得た友情、支えてくれる人への感謝、生き方。自転車は「世界と自分を繋ぐ鍵」だ。ツアーを通じたエイズの撲滅や平和活動、国内外での講演会は300回以上にのぼる。

 ○…世界を股にかけてきた自身も現在は1歳児の母。「毎日が発見で冒険。そういう所は自転車と同じかも」と微笑む。今後は地域のお母さん同士を巻き込んだ保育プロジェクトを構想するほか、市民活動に参加し、地域の繋がりを広げていきたいという思いもある。バイタリティは尽きない。まだまだ。将来の夢だってある。「生れ故郷、池田市(大阪府)の市長になること」。昼下がりに笑顔が輝いた。
 

逗子・葉山版の人物風土記最新6件

山本 由夫さん

逗子ロータリークラブの第58代会長に就任した

山本 由夫さん

7月20日号

平井 寿奈(じゅな)さん

逗子サーフライフセービングクラブのメンバーで女性初の監視長を務める

平井 寿奈(じゅな)さん

7月6日号

岸田 朋子さん

7月6日に開かれる逗子創業セミナーでモデレーターを務める

岸田 朋子さん

6月22日号

三留 学さん

第30回横浜食肉市場ミートフェアで最高位の「名誉賞」を受賞した

三留 学さん

6月8日号

石黒 雄士さん

逗子市商工会青年部の第52代部長に就任した

石黒 雄士さん

5月25日号

高野 毅さん

第62代逗子市議会議長に就任した

高野 毅さん

5月11日号

暑中お見舞い申し上げます

一般社団法人逗子葉山青年会議所

Mission ~すべてはまちのため、未来のために~

http://zushi-hayamajc.jp/

<PR>

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク