逗子・葉山版 掲載号:2013年10月4日号
  • googleplus
  • LINE

全国里親会の会長を務める 星野 崇さん 葉山町堀内在住 67歳

里子の姿見守り続け

 ○…何らかの事情で親元を離れることを余儀なくされ、施設や他の家庭で暮らす子どもたち。全国の4万人のうち、およそ5千人の里子の受け皿となっているのが里親の存在だ。全国66の里親会を取りまとめ、子育て支援の調査研究や国との調整を行う全国里親会の代表。自身も里親として多くの子を育ててきた傍ら、里子の置かれている実情を現場から見守り続けている。

 ○…経済的事情や両親の離婚。子どもが育てられなくなった家庭の理由は様々だが、近年深刻化しているのは虐待の急増という。「公式データでは全体の3割程度ですが、現場感覚では7割近くが虐待を受けている」。他の事由と重なったり摩り替わったりすることもあるため、虐待の実態は表向きの数字に表れづらいというのが自身の見解だ。問題なのは、そうした子たちと自分たちがどう接するか。「幼いときに虐待を受けた子は、普通と価値観がまるで違う。例えば暴力を受けた子は『自分が悪い子だから殴られる=暴力は正義』と思い込んでしまう。そうした価値観を後から変えるのは至難の技」と自身も試行錯誤した経験を振り返る。

 ○…子どもに恵まれず、里親に名乗り出たのは42歳のとき。「最初は子どもがいた方が楽しいかなくらいの気持ちだった」と語るが、現在まで15人もの子を迎え入れてきた。それだけに接し方も十色あると知った。時には自宅の猫の可愛がり方を通じて「愛情」や「可愛がること」を伝えることもある。「自分が伝える側と思っていましたが、逆に子どもたちから色々と教えられました」と朗らかに笑う。

 ○…「『三つ子の魂百まで』は神話ではないですよ」。取材の中、ぽつりと呟いた。これまで日の当たらない現実を見続けてきてきたからそう思う。家族構成や地域社会の変化、夫婦の共働き。子育てを取り巻く環境は確かに変わった。しかし思わずにいられない。「子育てには、心を注がないと」。語る言葉に力が込もった。
 

逗子・葉山版の人物風土記最新6件

山本 由夫さん

逗子ロータリークラブの第58代会長に就任した

山本 由夫さん

7月20日号

平井 寿奈(じゅな)さん

逗子サーフライフセービングクラブのメンバーで女性初の監視長を務める

平井 寿奈(じゅな)さん

7月6日号

岸田 朋子さん

7月6日に開かれる逗子創業セミナーでモデレーターを務める

岸田 朋子さん

6月22日号

三留 学さん

第30回横浜食肉市場ミートフェアで最高位の「名誉賞」を受賞した

三留 学さん

6月8日号

石黒 雄士さん

逗子市商工会青年部の第52代部長に就任した

石黒 雄士さん

5月25日号

高野 毅さん

第62代逗子市議会議長に就任した

高野 毅さん

5月11日号

暑中お見舞い申し上げます

一般社団法人逗子葉山青年会議所

Mission ~すべてはまちのため、未来のために~

http://zushi-hayamajc.jp/

<PR>

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク