逗子・葉山版 掲載号:2014年9月12日号 エリアトップへ

土砂警戒区域、255カ所 市町「避難場所の確認を」

社会

掲載号:2014年9月12日号

  • LINE
  • hatena
4月に桜山で発生した土砂崩れの様子(市提供)
4月に桜山で発生した土砂崩れの様子(市提供)

 先月20日、広島市北部で甚大な被害をもたらした土砂災害。近年全国的に台風や豪雨による被害が増えていることを受け、丘陵地に住宅が集中する逗子市や葉山町でも災害への関心が高まっている。これまで大規模な土砂被害の記録はないが、両市町とも「いざという時のため避難場所を確認するなど対応に備えてほしい」と呼びかけている。

 「うちは土砂崩れの危険がないか」。広島市で発生した土砂災害以降、逗子市や葉山町の防災担当には市民からの問合せが相次いだ。三浦半島地域では急傾斜地、いわゆる崖などの急こう配が多い。土砂災害発生の恐れがある「警戒区域」に指定されているのは逗子市が119カ所、葉山町が136カ所の計255カ所。横須賀市では横浜市に次いで県内で2番目に多い1121カ所にのぼる。

 土砂災害が発生する要因は複合的で気象や地質だけでなく、近年では都市部で進む宅地開発が引き金になる場合もある。県土木事務所によると2009年度から13年度までの5年間に確認された土砂災害は逗子市が23件、葉山町が2件(いずれも小崩落)。今年4月には逗子市沼間6丁目で台風による土砂災害の恐れがあるとして1世帯4人に避難勧告が発令された(翌日に解除)。

 両市町では少なくとも過去10年間で人身や物的被害を伴う大規模な土砂災害の記録はない。ただ近年の異常気象で発生の恐れがある場所やリスクは増加傾向にあり、「元々土地が狭く、山を切り開いて宅地造成した場所が多い逗子も安全とは言い切れない」(逗子市防災課)。

 現在県や市町村は防災工事、ハザードマップや避難経路の整備などハード、ソフト両面で土砂災害への対策を進める。ただ広島のケースのように深夜短時間に猛烈な雨量が発生した場合などは自治体の対応にも限界があり、被害を最小限に食い止めるためには行政だけでなく市民の防災や危機意識の向上も重要という。「日頃からハザードマップなどで周囲にどのような危険があるか把握し、避難場所の確認を。また大雨で外出が危険と判断した場合は自宅の2階や近隣の高い場所へ避難してほしい」と両市町では呼びかけている。

 警戒区域が示されたハザードマップは両市町のホームページなどで閲覧することができる。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

逗子葉山のカフェ文化発信

逗子葉山のカフェ文化発信 文化

地元若手が”フェス”初開催

11月1日号

女性の活躍後押し

女性の活躍後押し 経済

三浦半島ビジネス交流会

11月1日号

廃止方針に住民反発

山の根踏切

廃止方針に住民反発 社会

三者交えた協議会設置へ

11月1日号

海で生きる人々が講演

海で生きる人々が講演 文化

市観光協会が企画

11月1日号

葉山の絶景スポットへ

葉山の絶景スポットへ 文化

散策企画の参加者募集

11月1日号

命名パートナーを募集

命名パートナーを募集 経済

県民ホールなど13施設

11月1日号

和紙ちぎり絵550点

国立新美術館

和紙ちぎり絵550点 文化

本紙持参で入場無料

11月1日号

あっとほーむデスク

  • 11月1日0:00更新

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月1日号

お問い合わせ

外部リンク