逗子・葉山版 掲載号:2015年6月26日号 エリアトップへ

逗子海岸営業協同組合の理事長を務める 菊池 千春さん 逗子市山の根在住 53歳

掲載号:2015年6月26日号

  • LINE
  • hatena

対話重ねより良い海に

 ○…今年2月、改選で約40ある海の家関係者が作る組織の長に。昨夏、営業時間や音楽の使用をめぐって市と裁判で争うなど対立構造が際立ったが、就任後に協調路線を打ち出し、組織のまとめ役と市との折衝役を担っている。条件付きで規制が緩和される今夏。組織にとっても住民、市との信頼関係を築けるかどうかの重要な転換点になる。重責をかみしめながらも、「より良い海にするにはどうすればいいか、それぞれと対話を重ねていきたい」と言葉に力を込めた。

 ○…市民らが作る検討会への参加など、住民の生の声に触れる中で、課題も浮き彫りになった。昨年までは組織としての決定事項が組合員全員に周知しきれておらず、ルール違反が表面化。結果的に住民からの信頼を損なう事態に陥った。「組合員同士のコミュニケーションに足りない部分があった」と反省点を振り返る。そうした経緯を踏まえ、組合内に役割ごとの部会を新たに設置。理事会での意思決定が浸透するよう徹底した。「若い理事の人も頑張ってくれていて、新しい組織の形が構築できつつある」と手応えを感じている。

 ○…代表理事としての仕事は慌ただしく、建設ラッシュが続く逗子海岸で自身の店の準備は「ぎりぎり赤信号」と自嘲気味に笑う。経営する「浪子亭」は逗子海水浴場で100年以上続く老舗。組合を立ち上げたのは自身の祖父で、代々海の家に携わってきた。時代の変遷を経て、海の家の形態は変わったが、それでも原点は同じだと考えている。

 ○…幼少の頃、思い切り遊べる海は自らにとって「楽しい場所」だった。「今は治安や苦情など負のイメージの方が大きい。これを何とか変えていきたい」。老若男女が隔てなく楽しめる海へ。思いは同じだ。孔子は言った。「近き者説(よろこ)び、遠き者来る」。「地元の人が楽しいところであれば、遠くの人にもそれが伝わる。それを実践していきたい」と前を向いた。

逗子・葉山版の人物風土記最新6

清岡 優子さん

バイオリニストで「デュオハヤシ国際コンクール」で優勝した

清岡 優子さん

逗子市久木在住 37歳

10月4日号

田嶋 博雄さん

(一社)逗葉医師会の会長に就任した

田嶋 博雄さん

逗子市在住 71歳

9月20日号

松苗 幸希さん

セーラーとして東京五輪を目指している

松苗 幸希さん

葉山町在住 33歳

9月6日号

箕輪 亮佑さん

スペインセーリングチームの市民応援団で活躍する

箕輪 亮佑さん

小坪在住 23歳

8月23日号

尾前 芳樹さん

逗子・葉山コミュニティ放送株式会社の代表取締役社長に就任した

尾前 芳樹さん

横須賀市秋谷在住 55歳

8月9日号

梶川 精二さん

(公社)鎌倉法人会の会長に就任した

梶川 精二さん

葉山町下山口在住 68歳

7月26日号

齊藤 晞今(えいこ)さん

逗葉神輿連合会の会長を務める

齊藤 晞今(えいこ)さん

逗子市桜山在住 58歳

7月12日号

あっとほーむデスク

  • 10月4日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 9月6日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月4日号

お問い合わせ

外部リンク