逗子・葉山版 掲載号:2016年7月22日号 エリアトップへ

覚せい剤使用葉山町議 失職処分、県知事が「違法」 細川氏の議員資格回復

社会

掲載号:2016年7月22日号

  • LINE
  • hatena
町議らの質疑に答える細川氏(=20日、町役場)
町議らの質疑に答える細川氏(=20日、町役場)

 葉山町議会が覚せい剤使用などで有罪判決が確定している元葉山町議の細川慎一氏(42)の失職を議決していたことについて黒岩祐治県知事は15日、「違法」と判断し、処分を取り消した。公職選挙法の規定では執行猶予中は自動失職にならないため、細川氏は議員に復職する。

 同町議会は4月、保釈後の細川氏が「町内に居住実態がなく、被選挙権を失った」と判断し、地方自治法に基づいて失職とする議決を全会一致で可決。これに対して細川氏は決定を不服とし、処分の取り消しを求めて黒岩県知事に申し立てを行っていた。

 焦点は細川氏が公選法上の「住所」を有すると認定するか否かで、裁決書では▽一時的に(町内に)住居は有していなかったが、期間が1カ月程度と短期間だった▽退去中、家財などを処分しておらず、新たに葉山で暮らす物件を探していた――などと指摘。同町議会が主張する「生活の拠点が町外に移転しており、被選挙権が途切れた」とする決定は法の規定と解釈を誤った「違法な決定」と結論づけた。

 これにより細川氏は同町議会が失職処分とした4月7日にさかのぼって議員資格が回復。1カ月あたり40万円の議員報酬や期末手当についても支払われることになる。近藤昇一議長は19日、裁決について「驚いている。議会の主張が認められず残念だ。対応については議会内で相談しながら考えたい」とコメントした。

 細川氏は覚せい剤の所持・使用の罪に問われ、懲役1年6カ月、執行猶予3年の判決が確定している。

全員協に出席

出処進退明言せず

 裁決を受け議員に復職した細川氏が20日、同町議会の全員協議会に出席した。一連の騒動後、公の場に姿を見せたのはこの日が初。同僚町議からは細川氏の出処進退を問う質疑が相次いだが「現在は結論に達していない」などと話し、明言を避けた。

 細川氏は冒頭、「自分の反社会的な行為で多大な迷惑をおかけした。町民、議員、職員の皆様にただただお詫びしたい」と陳謝。出処進退については「(議員は)民意で選ばれており、多くの人の意見を聞いた上で判断したい」と述べたが、意見の集約方法や期日については明らかにしなかった。一方で「今の状況で議員活動を遂行できると思うのか」との問いには「与えられた職務にあたるつもりはある」とし、議員活動を継続することに含みを持たせた。

 出席した議員からは「自ら出処進退を明確にしないのはあまりに無責任。議会や町政への影響も多大で、直ちに判断すべき」など厳しい批判が相次いでいた。

 町議会第2回定例会は現在会期を延長しており、7月29日(金)の本会議が最終日となる。
 

逗子・葉山版のトップニュース最新6

失語症会話カフェ誕生

失語症会話カフェ誕生 社会

町在住当事者夫妻が立ち上げ

10月18日号

山の根踏切の対策表明

JR東日本

山の根踏切の対策表明 社会

今月27日に住民説明会

10月18日号

“プラ使わない町”アピール

葉山町

“プラ使わない町”アピール 政治

民間事業者とも連携

10月4日号

パートナーシップ制度導入へ

逗子市

パートナーシップ制度導入へ 社会

来年4月向け検討進める

10月4日号

今月末に解除の見通し

小坪隧道通行止め

今月末に解除の見通し 社会

台風15号の爪痕残る

9月20日号

南郷公園に休憩所整備

町奉祝実行委

南郷公園に休憩所整備 社会

「町民の憩いの場に」

9月20日号

逗子の空気感一冊に

地元在住編集者夫妻

逗子の空気感一冊に 文化

スペインチームにプレゼント

9月6日号

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク