逗子・葉山版 掲載号:2016年11月18日号 エリアトップへ

スズキヤ葉山店 免許返納をサポート 「運転経歴書」提示で割引

社会

掲載号:2016年11月18日号

  • LINE
  • hatena
店内に掲示されている割引サービスのチラシ(=15日、一色)
店内に掲示されている割引サービスのチラシ(=15日、一色)

 高齢運転者による深刻な交通事故が全国的に相次いでいる。先月28日には横浜市港南区で集団登校中の小学生の列に87歳の男性が運転する軽トラックが突っ込み、1年生の男児が死亡した。そうした中、悲劇を少しでも減らそうと民間の事業所が運転免許の自主返納を後押しする動きがある。

 運転経歴証明書を提示いただいた方に、お買い上げの5%を割引します――。

 一色にあるスーパー「スズキヤ葉山店」では、11月から免許を自主返納した人への独自サービスを始めた。酒や煙草、書籍など一部対象外の商品もあるが、食品や雑貨など消費税を抜いた本体価格の5%が割引になる。現状は同店のみだが、同社では来年3月までをめどに逗子店や鵠沼店など全店で導入する方針という。

 葉山署から自主返納推進の協力要請を受け、「自分も車通勤をしていて、(高齢運転者が)多いという実感はあった。昨今の報道もあるので、交通事故の減少に少しでも役立てば」と店長の平田直史さんは経緯を話す。開始から半月ほどで利用はまばらだが、今後サービスを継続させていくつもりだ。

 高齢者が多い葉山町ではドライバーの高齢化も著しい。葉山署によると免許人口に占める65歳以上の割合は26・3%(10月末現在)と県平均を8・3%上回っており、県下の警察署ごとの統計でも津久井、三崎、大磯に次いで4番目に高い(横浜水上警察除く)。さらに人身事故の中で高齢者が関係するものも85件中36件(同)と全体の4割を超えている。

 ただ免許返納については「生活の足」を失い、移動手段が狭まることを敬遠するケースが少なくない。制度としての強制力もなく、「制度の案内をするなど間接的に促すことしかできないのが現状」(葉山署)という。

 道交法改正で来年3月からは75歳以上の認知機能検査が導入される。だが事故は認知症だけが原因とは限らず、運動機能や判断力の低下が招く場合も多い。同署では「悲惨な事故が起きる前に、ご本人だけでなく家族ぐるみで返納を考えてほしい」と呼びかけている。

逗子・葉山版のトップニュース最新6

失語症会話カフェ誕生

失語症会話カフェ誕生 社会

町在住当事者夫妻が立ち上げ

10月18日号

山の根踏切の対策表明

JR東日本

山の根踏切の対策表明 社会

今月27日に住民説明会

10月18日号

“プラ使わない町”アピール

葉山町

“プラ使わない町”アピール 政治

民間事業者とも連携

10月4日号

パートナーシップ制度導入へ

逗子市

パートナーシップ制度導入へ 社会

来年4月向け検討進める

10月4日号

今月末に解除の見通し

小坪隧道通行止め

今月末に解除の見通し 社会

台風15号の爪痕残る

9月20日号

南郷公園に休憩所整備

町奉祝実行委

南郷公園に休憩所整備 社会

「町民の憩いの場に」

9月20日号

逗子の空気感一冊に

地元在住編集者夫妻

逗子の空気感一冊に 文化

スペインチームにプレゼント

9月6日号

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク