逗子・葉山版 掲載号:2017年10月6日号 エリアトップへ

「逗子アートフェスティバル2017」で総合プロデューサー・ディレクターを務める 柴田“shiba” 雄一郎さん 鎌倉市長谷在住 51歳

掲載号:2017年10月6日号

  • LINE
  • hatena

アート通じて繋がりを

 ○…政府や企業のIT戦略に野外音楽フェス。これまで様々な分野で、前衛的な事業を形にしてきたプロの「仕掛け人」だ。5年前に始まった逗子アートフェスティバル。3年に1度の記念年に、全体の参加企画を統括する責任者として白羽の矢が立った。目指すのは、地域の内外に暮らす人、どちらの視点からでも楽しめる一大アートイベントだ。

 ○…数年前に地元作家らが先端の映像作品を披露するイベントに参加。「逗子には面白い人がたくさんいる。この人たちとなら新しい文化が作れるかもしれない」と感じたのが仕事を請け負ったきっかけ。アートフェス成功の鍵は何か。たどり着いた答えが、世代を問わずにそうした「面白い人」を繋ぐこと。「僕自身がハブ(繋ぎ役)になって、橋渡しができれば」。次代のまちづくりを担う30・40代の若手にも積極的に参加を呼びかけ、新しい風を送り込んだ。「地域の人同士が繋がりを深める。そのことが、実は大事なことなんです」

 ○…地方創生に関する政府の事業を手掛けたとき、国の行く末を案じずにはいられなかった。低迷し続ける経済成長率、少子高齢化、人口減。実情を分析すれば、将来が先細るのは明らかだったからだ。「国は変えられないかもしれない。でも、自分に出来ることはあるはず」。持続可能なまちづくりを実現する一つの解として導き出したのが、地域コミュニティーの再生だった。

 ○…お金をかければ著名な作品を招致することもできるだろう。だが、それだけでは見る人との間に共感は生まれない。だから、参加作品は逗子という地域性が垣間見えるものを主眼に置いた。米軍との共同使用という特殊な環境にある池子の森、漁村の趣が今に残る小坪漁港。外の目線で光を当てれば、逗子にはまだ多くの魅力が眠っている。それらを再発見するのがアートという名のスイッチ。「作品の向こう側にあるもの。それを”対話”を通じて感じ取ってほしい」

逗子・葉山版の人物風土記最新6

浅野 悦子さん

「とげとげ。」の名で漫画家・イラストレーターとして活躍する

浅野 悦子さん

葉山町在住 40歳

3月6日号

阿久津 芳枝さん

プロダクトブランド「kaasuns」を立ち上げた

阿久津 芳枝さん

逗子市在住 39歳

2月21日号

水垣 偉弥(たけや)さん

プロの総合格闘家で今月28日に講演する

水垣 偉弥(たけや)さん

葉山町在住 36歳

2月7日号

鈴木 達也さん

設立100周年を迎えた葉山警察署の署長を務める

鈴木 達也さん

葉山町在住 56歳

1月24日号

森村 佳生さん

一般社団法人逗子葉山青年会議所(逗子葉山JC)の第57代理事長に就任した

森村 佳生さん

逗子市沼間在住 38歳

1月10日号

大下 利栄子さん

ユニバーサル絵本を製作する活動で内閣総理大臣表彰を受けた

大下 利栄子さん

葉山町在住  59歳

12月13日号

あっとほーむデスク

  • 3月6日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月22日号

お問い合わせ

外部リンク