逗子・葉山版 掲載号:2018年3月9日号 エリアトップへ

設立5周年を迎えた「森のようちえん 葉山 もりのわ」の代表を務める 石井 由樹子さん 横須賀市在住 44歳

掲載号:2018年3月9日号

  • LINE
  • hatena

より良い保育の形目指して

 ○…園舎を持たずに地域の自然の中で親と保育する。あれこれ指示するのではなく、子どもたちの自主性を尊重し、なるべく自由に遊ばせ学んでもらう。そんな野外保育のコミュニティ「森のようちえん 葉山 もりのわ」を2012年に立ち上げた。5周年を記念したシンポジウムを今月30日、葉山町福祉文化会館で開催する。「湘南エリアは野外保育の歴史が長く、数も多い。子どもを育てる選択肢の一つとしてもっと広まれば」と意気込みを語る。

 ○…横浜市出身。子どもの頃から障がいや能力で人を区別することに疑問を持ち興味は福祉の世界へ。大学では社会福祉士と保育士の資格を取得し、知的障がいを持つ人たちに仕事や生活指導をする施設に13年間勤務した。その後いくつかの仕事を経験し、保育園で働くように。現在の活動をするきっかけとなったのは東日本大震災だった。「放射能汚染」が大きく取り上げられ、子どもたちが外で遊びにくい状況になるなか、自分にできることを考え「自然と子どもは分けられない」と確信。「海・山・川がコンパクトにまとまっている葉山」での保育の形を思いついた。

 ○…一から団体を立ち上げ苦労も多かったはずだが「やりたいことをやっているから大変さは感じない」とさらり。子どもからはっとする言葉をかけられた時や、思わぬやり取りがあった時、心を動かされるという。子どもたちからは「いしいちゃん」と呼ばれ、先生でも親でもない関係を築いている。「自然のなかにいれば子どもたちは自分たちでたくさんのことを発見する。どうしても大人は手を出したくなるけれど、なるべく見守っているようにしています」と穏やかな表情で語る。

 ○…設立当初に保育した子はすでに小学3年生になった。成長した時、葉山の自然の中で遊びまわったことが糧になれば―。そんな思いを胸に、今日も森の中で子どもたちと接している。

逗子・葉山版の人物風土記最新6

石井 優愛さん

逗子サーフライフセービングクラブの監視長を務める

石井 優愛さん

川崎市在住 22歳

6月24日号

守屋 重雄さん

葉山・山楽会の会長を務める

守屋 重雄さん

葉山町在住 69歳

6月10日号

増田 竜雄さん

中小企業診断士で、はやま里づくりクラブを主宰する

増田 竜雄さん

葉山町在住 54歳

5月27日号

松澤 有子さん

海のほとり美術館を制作する

松澤 有子さん

逗子市在住 

5月13日号

中田 美緒さん

デフリンピック女子バレーボールに日本代表として出場する

中田 美緒さん

葉山町出身 21歳

4月29日号

三田村 鳳治さん

東逗子駅開業70周年実行委員会の相談役に就任した

三田村 鳳治さん

逗子市在住 100歳

4月15日号

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook