逗子・葉山版 掲載号:2018年3月23日号
  • LINE
  • hatena

「日本語学んで満喫を」 葉山町が教室初開催

文化

カードを使いながら説明する山本さんと参加者たち
カードを使いながら説明する山本さんと参加者たち

 町内に住む外国人に日本語の基礎を学んでもらおうという講座「やさしいにほんごきょうしつ」が3月17日、教育総合センターで初めて開催された。葉山町からの委託で葉山町国際交流協会(池誠会長)が行った。

 講師を務めたのは20年以上、ボランティアで外国人に日本語を教えている山本春美さん。

 当日はシンガポールやフィリピン、アメリカ、メキシコ出身の在住者10人が参加。あいさつや自己紹介など、初対面で使える日本語を中心に授業が行われた。

 アメリカ出身で一色在住のスコットさんは「これまでちゃんとした日本語を習ったことがなかったので勉強になった。わかりやすい内容だったので次回もあればぜひ参加したい」と話していた。

 山本さんは「皆さんのみ込みが早くてびっくりした。これをきっかけに、日本はもちろん、葉山の事にも興味を持つきっかけになってほしい」と話していた。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6件

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月22日0:00更新

  • 3月8日0:00更新

  • 2月22日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年3月22日号

お問い合わせ

外部リンク