逗子・葉山版 掲載号:2018年8月24日号
  • LINE
  • hatena

葉山の”山”を守り楽しむ【2】 走りながら山道チェック 独自の貢献 自主ルール制定も

スポーツ

山道を走る桐山さん(手前)とメンバー
山道を走る桐山さん(手前)とメンバー
 貴重な自然を次世代へ伝えていこうと、2009年に設立された二子山山系自然保護協議会。その中に「マウンテンバイク(MTB)・プロジェクト」がある。このシリーズでは地元住民でも自然保護団体でもない、同プロジェクトのユニークな活動を紹介する。

 「三浦半島マウンテンバイク(MTB)・プロジェクト(桐山大代表)」は、「自分たちが楽しむためのフィールドは、楽しみながら自分たちで創りあげ、維持していく」をモットーに、活動している。

 その一つが、2016年に行った自主ルールの制定。プロジェクト内で議論を重ね、自然を傷めたり禁止されている場所に入らないといった基本的なことはもちろん、「許可なく整備しない」「人を驚かせる走り方をしない」などを注意事項として挙げている。

 また、トレイルライドを行う際の持ち物や心構えといった初心者向けの内容も盛り込み、ポケットサイズの冊子にまとめて英語版も作成した。デザインや翻訳はそれぞれ得意なメンバーが担った。ルールブックは趣旨に賛同した市内外の自転車販売店などで配布しており、周知を行っている。

巡視楽しむ

 また、マウンテンバイカーならではの活動がライド中に行う「巡視(トレイルパトロール)」だ。

 二子山山系自然保護協議会では、会員たちが山に入った際に得た情報をメールで報告し、データを整理・蓄積して対策に活かす仕組みがある。

 同プロジェクトは倒木の有無や山道の状況の報告、山道で迷った人の案内のほか、近年急増するイノシシの監視活動の手伝いも、トレイルライドの際に行っている。

 桐山さんは「山の維持管理は継続的に人手が必要。その点、自分たちは楽しみながら貢献できるのが特徴です」と笑顔で話す。

ユーザー主体

 近年、全国各地でMTB愛好家が集まり、地域のフィールドを整備する動きが活発化しつつある。ただその多くは自転車販売店など自転車業界人が発起人となった団体も多く、MTB・プロジェクトのようにユーザー主体で発起したのは珍しいという。

 「自分たちなりのやり方で地域と繋がり、必要とされる活動を続けていきたい」。MTB愛好家と環境整備に励む地域との、より良い協力関係を目指した活動が続く。

(続く)

逗子・葉山版のローカルニュース最新6件

支えられて走った都大路

本場の歌声響かせる

スロヴァキア国立歌劇場

本場の歌声響かせる

1月11日号

一色海岸で生まれたアート

石炭火力は必要か

映画のこれから語る

商工会の活用法学ぶ

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月14日0:00更新

  • 11月30日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年1月11日号

お問い合わせ

外部リンク