逗子・葉山版 掲載号:2018年10月5日号
  • LINE
  • hatena

逗子市長選 桐ケ谷氏が立候補表明 現職平井市長は明言せず

政治

 任期満了に伴う逗子市長選挙(12月9日告示、同16日投開票)で、逗子市商工会長で市内の工務店(株)キリガヤの社長・桐ケ谷覚氏(69)=写真=が立候補を表明した。現職の平井竜一市長は、先月開かれた市議会本会議で立候補の意思を問われたものの、明言しなかった。

 桐ケ谷氏は先月21日、市商工会館で記者会見を開き、無所属で市長選に立候補すると表明した。

 桐ケ谷氏は「市の財政が危機的状況に陥るなか、平井市政はそのシグナルを見落とした。旧来のモデルはこれ以上通用しないのは明白」と指摘。自らの会社経営の経験を生かし、財政再建に取り組みたいとした。また、税収増を課題とし、トップセールスでIT関連の企業誘致を進め、地元の女性が起業しやすくする環境整備なども行いたいとした。

 桐ケ谷氏は秋田県出身。立教大学卒業後、市内の(株)桐ヶ谷材木店に入社。社名が(株)キリガヤ変更後、1992年に社長に就任した。現在は市商工会と市観光協会の会長を務めている。

 現職の平井竜一市長は先月26日に開かれた市議会本会議で、松本寛議員(真・無所属の会)から立候補の意向を問われたものの、明言を避けた。

 現時点で立候補を表明しているのは、桐ケ谷氏のみ。  (10月2日起稿)

逗子・葉山版のトップニュース最新6件

第4回定例会に7議案提出

葉山町

第4回定例会に7議案提出

11月30日号

全室スイートのホテルオープン

逗子マリーナ

全室スイートのホテルオープン

11月30日号

棚田の魅力全国に発信

海洋プラごみをアートに

かぐのみ幼稚園

海洋プラごみをアートに

11月16日号

議会改革で葉山モデル構築へ

来年度以降116事業縮小

逗子市

来年度以降116事業縮小

11月2日号

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月30日0:00更新

  • 11月16日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年11月30日号

お問い合わせ

外部リンク