逗子・葉山版 掲載号:2019年4月19日号 エリアトップへ

逗子観光協会 新土産「てぬぐい」制作 子どもとアーティストがコラボ

文化

掲載号:2019年4月19日号

  • LINE
  • hatena
完成した手ぬぐい(上)デザインした田中さんとこどもたち(大倉さん提供)
完成した手ぬぐい(上)デザインした田中さんとこどもたち(大倉さん提供)

 逗子の新しい土産物が誕生した。その名も「海のてぬぐい」。市内の子どもたちとゆかりのアーティストがデザインし、使いやすさにもこだわった一品だ。関係者は「逗子内外の人に愛されるようになれば」と話している。

 市観光協会からの依頼を受け、逗子海岸映画祭やシネマキャラバンなどの企画・運営に携わる大倉曉(あきら)さんがプロデュースした。

 大倉さんは逗子の魅力を「こだわりのある暮らしと、そこで生活する人たち」と表現。思い出を蘇らせるだけではなく、逗子での暮らしを感じてもらえるような、普段使いできる土産物を目指し、「てぬぐい」を思いついたという。

 「プロに頼むのではなく、地元の子どもたちに絵を描いてもらおう」と大倉さんは今年2月、市内でユニークな野外保育を行っている「特定非営利法人ごかんたいそう」に協力をオファー。逗子ゆかりのアーティスト・田中健太郎さんも加わり、イラストを制作した。

 子どもたちは逗子の海にいる身近な生き物の写真や図鑑を参考に、作業を開始。田中さんが「みんなが描いたものが千円で売られる」と伝えると「結構高いね」「ちゃんと描かなきゃ」と、真剣な表情で取り組んでいたという。

 描いた絵を全員で話し合いながら選抜し、田中さんが全体のバランスを整えた。青を基調に個性的なタッチの生き物が並び、親しみあるデザインが完成した。

 染めにもこだわり、三浦市三崎で江戸時代から続く「三富染物店」が行う。大倉さんは「どんな反応があるか楽しみ。逗子の魅力を発信できれば」とし、同協会は「逗子内外の皆さんに愛されるようになってほしい」と期待を話していた。

27日に販売開始

 「海のてぬぐい」は4月27日(土)、午前10時からJR逗子駅前で開かれる「逗子みやげまつり」で販売される。限定100枚で価格は税込1千円。詳細は【電話】046・873・1111同協会へ。

逗子・葉山版のトップニュース最新6

今夏に事業者決定

葉山町給食センター

今夏に事業者決定 教育

22年9月の供用開始目指す

4月3日号

パートナーシップ制度開始

逗子市

パートナーシップ制度開始 社会

横須賀・鎌倉と相互利用も

4月3日号

東京五輪代表に内定

逗子市在住畑山さん

東京五輪代表に内定 スポーツ

「空飛ぶヨット」でメダル目指す

3月20日号

副町長に県会計局長

葉山町

副町長に県会計局長 政治

今後の大型事業見据え

3月20日号

休校措置に子育て世帯苦慮

新型コロナ

休校措置に子育て世帯苦慮 社会

食で応援の輪 広がる

3月6日号

2年連続で100億円超

葉山町予算案

2年連続で100億円超 経済

扶助費が全体押し上げ

2月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月6日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク