逗子・葉山版 掲載号:2019年6月14日号 エリアトップへ

葉山町防犯協会で初の女性会長に就任した 白澤 和子さん 葉山町長柄在住 72歳

掲載号:2019年6月14日号

  • LINE
  • hatena

「人の笑顔が見たいから」

 ○…葉山町防犯協会の会長にこのほど就任した。町では初、県内でも珍しい女性会長として、地域の安心安全を守る20人のメンバーのかじ取り役を担う。指名された時はとにかく驚いたというが、自然と人が集まる人柄や物怖じしない性格で白羽の矢が立った。「何気ない会話から異変を察知するなど、女性ならではの視点を生かしたい」と意気込みを語る。

 ○…前会長の岩澤直捷さんに誘われ入会したのは7年前。すぐにわかったのは多くの善意で成り立っていることだった。地域の見回りや振り込め詐欺被害防止の呼びかけなど、多岐にわたる活動はすべてボランティア。しかし、思わぬ気付きや得るものも多いという。仲間ができるのはもちろん、町内をくまなく歩くことは新たな魅力発見につながっている。「年齢を重ねてから始めるにはぴったり。地域の人も、おじいちゃんやおばあちゃんに声をかけられると素直に聞いてくれるでしょ」と笑顔で語る。

 ○…これまでも前例のないことに挑戦してきた。聴覚障害を持つ親族とコミュニケーションをとるため、40歳で手話の勉強を始めた。逗子市役所が手話対応を始めると聞き、勤務を開始。来庁者らの対応にあたる一方、聴覚障の啓発や地位向上を訴え続け、48歳の時、常勤勤務に。10年勤めた後、知り合いから誘われ沖縄県宮古島市役所で働きながら、4人の職員を手話通訳士に育て上げた。

 ○…葉山に住んでもうじき半世紀。家のあるイトーピアは現在、高齢化や空家が目立つようになり危機感を募らせている。思い立ったら行動。週に一度、自宅を開放し、近所と交流の場を設けている。「人と話すのが好きだし、笑顔を見られると嬉しい」。あたたかな地域を目指し、これからも行動していく。

逗子・葉山版の人物風土記最新6

箕輪 亮佑さん

スペインセーリングチームの市民応援団で活躍する

箕輪 亮佑さん

小坪在住 23歳

8月23日号

尾前 芳樹さん

逗子・葉山コミュニティ放送株式会社の代表取締役社長に就任した

尾前 芳樹さん

横須賀市秋谷在住 55歳

8月9日号

梶川 精二さん

(公社)鎌倉法人会の会長に就任した

梶川 精二さん

葉山町下山口在住 68歳

7月26日号

齊藤 晞今(えいこ)さん

逗葉神輿連合会の会長を務める

齊藤 晞今(えいこ)さん

逗子市桜山在住 58歳

7月12日号

松村 桐杏(きりこ)さん

逗子サーフライフセービングクラブの監視長を務める

松村 桐杏(きりこ)さん

東京都在住 20歳

6月28日号

小杉 雅樹さん

逗子市商工会青年部第53代部長を務める

小杉 雅樹さん

逗子市小坪在住 36歳

5月31日号

あっとほーむデスク

  • 8月23日0:00更新

  • 8月9日0:00更新

  • 7月26日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク