逗子・葉山版 掲載号:2019年7月12日号 エリアトップへ

森戸海岸 日本初「脱プラ」ビーチに 海の家で代替品使用

社会

掲載号:2019年7月12日号

  • LINE
  • hatena
実際に使う容器を手にする大宮組合長
実際に使う容器を手にする大宮組合長

 葉山町の森戸海岸が今年、「フリープラスチックビーチ」実現に向けて取り組んでいる。個々の海の家では実施例があるものの、海水浴場全体としては日本初という。関係者は「ここ葉山から、大切な海を守る取り組みを発信出来たら」と話している。

 葉山森戸海水浴場協同組合(大宮文彦代表理事)に加盟する全9店は、海開きとなった今月5日から、生分解性ストローや木製のスプーン、非木材パルプ製持ち帰り容器を使用し、プラスチック製品を極力使わずに営業している。

コロナとタッグ

 大手ビールメーカー「コロナ」とタッグを組み、「プラごみを出さない」「出たごみは持ち帰る」「それでも出てしまったごみはビーチクリーンで回収する」を合言葉に同海水浴場の開設期間である8月31日(土)まで環境美化に努める。

 コロナのブランドマネージャーを務めるアンハイザー・ブッシュ・インベブ日本法人の福田真美さんは「海外と比べると国内のビーチは環境に対する取り組みがまだまだ少ない」とし、ブランド力を生かした啓発事業を行っていきたい考え。今回は、ロゴを入れた紙製コップを提供した。

 また、ビーチクリーンに参加した人に対し、集めたごみとドリンクを交換する「CORONA PAY WITH PLASTIC」を葉山海岸花火大会当日を含む7月24日(水)から26日(金)までの3日間開く。

 大宮組合長は「初めから完璧を目指すのではなく、皆さんにご協力いただき、勉強しながら進めていきたい」と継続していくことを強調。「組合員の理解と協力もあり、足並みをそろえることができた。森戸から葉山の他の海水浴場、そして湘南、全国へと海を守る意識と取り組みを広げられたら」とした。

 ビーチクリーンに関する詳細は【URL】http://corona-extra.jp/protectparadise/へ。

逗子・葉山版のトップニュース最新6

郷土資料館廃止へ

逗子市

郷土資料館廃止へ 文化

2月の市議会に条例案提出

1月10日号

ラグビー熱 未だ冷めず

ラグビー熱 未だ冷めず スポーツ

スクール加入者が急増

1月10日号

「対話テーマに乗り越える」

「対話テーマに乗り越える」 社会

災害対策や公共施設再編に決意

1月1日号

「成果生み出す1年に」

「成果生み出す1年に」 政治

市長就任2年目の抱負語る

1月1日号

現職・山梨氏が出馬表明

葉山町長選

現職・山梨氏が出馬表明 政治

防災、公共施設「大きな命題」

12月13日号

返礼品に「電子感謝券」

逗子市ふるさと納税

返礼品に「電子感謝券」 経済

市内事業者で利用可能

11月29日号

危険木の伐採補助範囲拡大

葉山町

危険木の伐採補助範囲拡大 社会

11月から要綱改訂

11月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月10日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月13日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月10日号

お問い合わせ

外部リンク