逗子・葉山版 掲載号:2019年8月9日号 エリアトップへ

ずし呑み 実行委が英語メニュー作成 「飲食店の魅力伝えたい」

文化

掲載号:2019年8月9日号

  • LINE
  • hatena
「つく志」の英語版メニューを手にする佐藤さん(左)と江盛さん
「つく志」の英語版メニューを手にする佐藤さん(左)と江盛さん

 市内の飲食店で「はしご酒」ができる人気イベント「ずし呑み」。このほど実行委員会の有志3人が、海外からの観光客や市内外に住む外国人にも逗子の飲食店の魅力を知ってもらおうと、15店舗の英語版メニューを作成した。

 東京五輪を控え、実行委員会の中で英語表記の話題が挙がり、今年2月から準備を進めていた。英訳を江盛早織さん、デザインを佐藤浩子さんが担当し、飲食店との調整を石渡聡一郎さんが行った。

 英語が堪能な江盛さんだが、飲食店メニューの翻訳は今回が初めて。取り掛かってすぐに、日本独特の調理方法や言い回しに気付き、苦労したという。「例えば“枝豆”と書いてあって、何が出てくるかわかるのは日本人だけ。生なのか茹でているのかだけでなく、味付けも外国の方はわからない。読んでイメージが沸くよう心掛けました」と振り返る。

 デザインも工夫を凝らした。食券機しかないラーメン店では、そのパネルのデザインを反映し、どこを押せば何が出てくるかを一目でわかるようにしたほか、中華料理店では辛さをトウガラシの数で表現した。佐藤さんは「カテゴライズからフォントまで、なるべく見やすくしました」と語る。

「心強い一冊」

 英語版メニューを導入した「つく志」の藤枝浩司さんは「1冊あるだけで心強い。海外の人にも、うちの料理を楽しんでもらえれば」と話していた。

 今回英語版を導入した15店に加え、独自に用意している店を明記したマップも作成しており、広報にも力を入れていきたい考え。また、今後の課題にベジタリアン向けやハラル、アレルギー表記を挙げる。2人は「安心して逗子の美味しいお店を楽しんでもらえるよう、改良を重ねていきたい」と話していた。

残暑お見舞い申し上げます

本まぐろ直売所 夏の大セール

8月9日~19日まで毎日営業! 10日・11日・12日の3日間は特売日

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

「最高の環境で楽しんで」

逗子海岸花火大会

「最高の環境で楽しんで」 社会

協賛シートの受付開始

8月9日号

飛行機の仕組みと魅力紹介

飛行機の仕組みと魅力紹介 文化

まちづくり館で展示

8月9日号

看板猫モチーフに

看板猫モチーフに 文化

湘南ねこ美術館で企画展

8月9日号

沖縄一色の一日に

沖縄一色の一日に 社会

17日亀岡八幡宮でイベント

8月9日号

北斎展、そごう美術館で

北斎展、そごう美術館で 文化

読者5組10人を招待

8月9日号

スペイン選手と交流しよう

スペイン選手と交流しよう 文化

縁日やヨットの展示も

8月9日号

あっとほーむデスク

  • 8月9日0:00更新

  • 7月26日0:00更新

  • 7月12日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月9日号

お問い合わせ

外部リンク