逗子・葉山版 掲載号:2019年8月23日号 エリアトップへ

ビーチキャンドル 「一夜だけの景色作ろう」 サポーター募集中

教育

掲載号:2019年8月23日号

  • LINE
  • hatena
実行委員長の中村さん
実行委員長の中村さん

 秋の逗子海岸を優しい灯りが彩る「逗子ビーチキャンドル2019」が9月22日(日)に行われる。5回目を迎える今年のテーマは「愛を伝える地上の花火」。初の試みとして逗子海岸営業協同組合の協力を得て、風よけに使用するプラスチックカップは、海の家で使用されたものを再利用する。関係者は「海岸を光で埋め尽くして、普段は言えない感謝の気持ちや想いを伝えられる場になれば」と意気込んでいる。

花火大会と連携

 昨年同様、市内の飲食店によるブースの出店があるほか、今年は9月27日(金)に行われる逗子海岸花火大会の応援企画として、会場でリストバンドを販売。先着300人に青く光るサイリウムを3本プレゼントする。

 主催する(一社)逗子葉山青年会議所は現在、キャンドルで描く絵柄の作成や点火に参加する「サポーター」を募集中。実行委員長の中村達矢さんは「過去最高1万本の設置を目指しており、撮影スポットも増やす予定。秋の逗子海岸で最高の思い出を作りましょう」と呼び掛けている。問い合わせは【電話】046・873・2774仲さんへ。

昨年は約1万6千人が来場した
昨年は約1万6千人が来場した

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

笑顔トレーニング県から認定

医療法人メディスタイル

笑顔トレーニング県から認定 社会

2月21日号

まちの課題と展望一冊に

小坪小区住民協

まちの課題と展望一冊に 社会

新キャッチフレーズも誕生

2月21日号

神武寺から海を望む

神武寺から海を望む 文化

環境整備の参加募集

2月21日号

楽しみながら健康づくり

地域イベントの経験共有

地域イベントの経験共有 文化

16年の活動振り返る

2月21日号

逗子を愛した建築士

逗子を愛した建築士 文化

27日から永橋さん回顧展

2月21日号

「安心した」が率直な気持ち

特別インタビュー

「安心した」が率直な気持ち 社会

小金沢昇司さん

2月21日号

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月24日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク