逗子・葉山版 掲載号:2020年2月7日号 エリアトップへ

プロの総合格闘家で今月28日に講演する 水垣 偉弥(たけや)さん 葉山町在住 36歳

掲載号:2020年2月7日号

  • LINE
  • hatena

誰よりも格闘技が好き

 ○…やわらかい物腰にに丁寧な受け答え。初対面の人が職業を聞いたら驚くかもしれない。アメリカにある世界最高峰の格闘技団体で日本人初の5連勝をおさめ、36歳の今も現役。解説もこなすプロ格闘家だ。

 ○…葉山で生まれ育った。剣道を習うかたわら熱中したのが格闘技。中学生のときにテレビで見て虜になった。「友達同士で試合について語り合うのが何より楽しかった」。夢を諦められず、高校3年になってすぐにジムへ。アマチュア大会で日本一になると大学3年時に親には言わずプロデビュー。周囲が就職活動をする時期になって、ようやく打ち明けた。「実はもうプロなんだと父に伝えると、あと2年やるからよく考えろと大学院へ行かされました」。電気工学を学びながら、それでも練習と試合を続け、国内大会で優勝。24歳で単身渡米した。「とにかく自分の階級で一番強くなりたかった。不安はなかった」と振り返る。

 ○…特に印象に残っているのは、UFC初戦となった2009年の試合。バンダム級王者のタイトル戦で自身に挑戦者の白羽の矢が立った。無名の日本人は下馬評を覆す大接戦を繰り広げ、惜しくも判定で敗れたものの、現地での評判は一気に上がった。「ホテルに帰ると選手や関係者が拍手で迎えてくれた。負けたのは悔しかったけれど、このスポーツを心の底から好きだと思った瞬間でした」

 ○…3歳と1歳の男の子を持つ父でもある。「葉山はオンとオフを切り替えられる場所。調子が出ないとき、真名瀬からの景色を見るとまた頑張ろうと思える」。今後は後進の育成にも力を入る。「このスポーツの面白さを広め、自分のような格闘技好きを増やしたい」と笑顔で語った。

逗子・葉山版の人物風土記最新6

杉本 紗英さん

逗子サーフライフセービングクラブで副監視長を務める

杉本 紗英さん

藤沢市在住 21歳

7月24日号

鷲尾 精一さん

湘南信用金庫の新理事長に就いた

鷲尾 精一さん

横須賀市在住 57歳

7月10日号

小宮 武さん

逗子市商工会青年部第54代部長を務める

小宮 武さん

逗子市在住 38歳

6月26日号

丸山 治章さん

第63代逗子市議会議長を務める

丸山 治章さん

逗子市在住 55歳

6月12日号

浅野 悦子さん

「とげとげ。」の名で漫画家・イラストレーターとして活躍する

浅野 悦子さん

葉山町在住 40歳

3月6日号

阿久津 芳枝さん

プロダクトブランド「kaasuns」を立ち上げた

阿久津 芳枝さん

逗子市在住 39歳

2月21日号

あっとほーむデスク

  • 7月24日0:00更新

  • 7月10日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月24日号

お問い合わせ

外部リンク